モッピー新規登録でもれなく最大1,300ポイントもらえる大チャンスはこちら!

JALマイレージとは?知っておきたい基礎知識と賢い貯め方を解説!

JALマイレージとは?知っておきたい基礎知識と賢い貯め方を解説!

こんにちは、MOZUです。

私は、JALのマイレージを貯めています。

そう聞くと、

「たくさん飛行機に乗っているんだね。」

と思う人が多いかもしれませんが、そうでもありません。
私が飛行機に乗るのは、1年で2~3回程度です。

それでも、特典航空券に交換できるだけのマイレージを貯めています!

東京から沖縄(那覇)を往復しても約2,000マイルですから、飛行機に乗っても意外とマイレージって貯まらないんですよね。

だから、

「マイレージは飛行機にしょっちゅう乗る人が貯めるもの」

というイメージを持っている人が多いかも知れませんが、

飛行機に乗る以外にもマイレージを貯める方法があることをご存知でしょか?

そして、あなたはマイレージのことをどのくらい知っていますか?

マイレージという言葉は知っていても、いざ本気で貯めようとすると、意外と知らないことが多いかも知れませんね。

そもそもマイレージとは何なのか?

貯めたマイレージの使い道は?

マイレージの貯め方は?

どうすればたくさん貯まるのか?

マイレージを効率良く貯めて上手に使うためには、マイレージのことをしっかりと理解したうえで賢く貯める方法を知っておくことが重要です。

この記事では、マイレージを貯めるために知っておきたい基礎知識と賢い貯め方を解説します。

これからマイレージを貯めようとしている人や、中途半端に貯まったマイレージを無駄にしてしまっている人などに役立つ内容となっていますので、是非、読んでみてください。

それと、

「滅多に飛行機には乗らないからマイレージなんて貯まらない」

と思っている人にも読んでいただきたい記事です。

スポンサーリンク

マイレージとは?

そもそも「マイレージ」とは何なのか?

はじめてマイレージを貯めようとしている人なら、まずは基本的な知識を身につけるところからはじめましょう。

マイレージとマイル

マイレージに関する情報を見ていると、

「マイレージ」と「マイル」、

この2つの言葉を耳にすると思いますが、どちらもおおよそ同じ意味を指して使われていることが多いので、あまり深く考えなくても大丈夫です。

私は、それぞれの言葉の意味を次のように定義して理解しています。

マイレージプログラム=マイレージが貯まるポイントサービスのこと

マイレージ=マイレージプログラムで貯まるもの

マイル=マイレージの単位

具体的に言うと、「JALのマイレージプログラムでマイレージを1万マイル貯めた」といった使い方です。

MEMO

本来マイルは距離を表す単位(1マイル=約1.6km)の1つで、飛行機の航行距離はマイルで表します。

マイレージプログラム

「マイレージプログラム」は航空会社が顧客の囲い込みのために提供しているポイント制度のようなものです。

マイレージプログラムに登録することでマイレージを貯めることが出来るようになり、一定のマイレージが貯まると特典に交換できます。

飛行機の航行距離をマイルで表すことから、飛行機に搭乗した距離(区間マイル)に相当する量のマイレージが貯まる仕組みで、この基本的な仕組みはどの航空会社でも同じです。

例えば、東京⇒ニューヨークの区間マイル(片道)は6,723マイルなので、その区間に搭乗すると6,723マイルのマイレージが貯まります。

貯めたマイレージには有効期限があり、JALの場合は3年(マイレージ獲得から36ヶ月後の月末まで)です。

飛行機に乗ること以外にもマイレージを貯める方法がありますが、それについては後の項目で詳しく説明することにしましょう。

ほとんどの航空会社にマイレージプログラムがありますが、その名称は様々で、日本を代表するJALとANAの名称は下記のとおりです。

日本航空(JAL)「JALマイレージバンク(JMB)」

全日空(ANA)「ANAマイレージクラブ(AMC)」

日本でマイレージを貯めるといえば、この2社のマイレージをメインで貯めている人がほとんどだと思います。

海外の航空会社だとユナイテッド航空の「マイレージプラス」やデルタ航空の「スカイマイル」なども人気がありますね。

各社のマイレージプログラムの登録は無料なので、マイレージを貯めたい、もしくは、利用する可能性がある航空会社のマイレージプログラムに登録をしておけば良いと思います。

私は、JALのマイレージをメインに貯めていますが、ANAやユナイテッド航空、ブリティッシュ・エアウェイズのマイレージプログラムにも登録しています。

この記事では、私がメインで貯めているJALの「JALマイレージバンク(JMB)」について解説していきます。

MEMO

英語ではマイレージプログラムのことを「フリークエントフライヤープログラム(FFP)」と言います。
直訳すると「良く飛ぶ人のためのプログラム」ですね。
海外ではマイレージプログラムと言っても通じない場合もありますし、チェックインで会員番号を確認される時などにこの言葉が出てきますので、覚えておくと良いでしょう。

JALマイレージバンク(JMB)

マイレージとは?

日本航空(JAL)のマイレージプログラムは「JALマイレージバンク(JMB)」といいます。

JALのマイレージを貯めるなら、まずはJMBに登録しましょう。

JMBへ登録する方法はいくつかありますが、パソコンやスマホを使ってJALのWebページでオンライン登録するのがおすすめです。

オンライン登録なら、その場で「お得意様番号」が発行されてJMB会員向けの機能が利用できるようになるので、直ぐにマイレージを貯められるようになります。

JMBの登録方法
  • JALのWebページで申し込む
  • 空港や機内で配布されている入会申込書で申し込む
  • クレジットカードのJALカードを発行する

JMBに登録すると「JMBカード」(クレジット機能は無い)が発行されます。

JMBカードには「JMB WAONカード」と「JMBカード」の2種類があり、登録手続きの際にどちらかを選択するのですが、付帯機能が充実しているJMB WAONカードがおすすめです。

JMBカードの種類

JMB WAONカードにしておけば、「JALタッチ&ゴーサービス」と電子マネーの「WAON」を使うことができます。

「JALタッチ&ゴーサービス」は、JALグループ国内線に乗る時に、空港でチェックインカウンターや自動チェックイン機に立ち寄る必要なく保安検査場に直行して搭乗できる便利なサービスです。

後ほど説明しますが、WAONの利用でマイレージを貯めることができます。

どちらの機能も付いていて損はないので、JMBに登録する際には「JMB WAONカード」を選んでおきましょう。

MEMO

すでにJMBカードをお持ちの場合は、JALのWebページでJMB WAONカードへの切り替え手続きができます。

55歳以上の人なら、さらに付帯機能が充実したお得な「JMB G.G WAONカード」に申し込めるので、こちらがおすすめです。

JMBGGWAONカード

貯めたマイレージの有効期限が3年から5年に延長になるのは価値ある特典だと思います。

本気で貯めるならJALカード

JALカード

JMBの機能を備えたクレジットカードである「JALカード」を発行することで、JMBに登録することもできます。

JALカードは、ショッピング利用でマイレージが貯まるだけではなく、JALの飛行機に搭乗するとボーナスマイルがもらえるので、JALのマイレージを貯めるなら持っておきたいマストアイテムと言えます。

JALのマイレージを本気で貯めるなら、JALカードを発行しておくことをおすすめします。

貯めたJALマイレージの使い道

マイレージプログラムは航空会社が顧客の囲い込みを目的に行っているサービスなので、マイレージを貯めると様々な特典に交換できるメリットがあります。

JALの場合だと、貯めたマイレージを次のような特典に交換することが出来ます。

  1. 国内線の特典航空券
  2. 国際線の特典航空券
  3. 座席クラスのアップグレード
  4. 航空券やツアー購入に使えるe JALポイント
  5. 航空券やツアー購入、機内販売、宿泊、飲食などに使えるJALクーポン
  6. 特典商品や電子マネー、提携ポイントなど

マイレージを貯める目的で一番多いのは、特典航空券に交換して無料で飛行機に乗ることだと思います。

特に、国際線ビジネスクラスの特典航空券を獲得して海外旅行に出かけることがマイレージを貯める楽しみであり、醍醐味と言っても過言ではないでしょう。

貯めたマイレージの価値をできるだけ引き出す意味でも、特典航空券に交換するのがおすすめです。

なぜなら、特典航空券以外への交換は、せっかく貯めたマイレージの価値を下げてしまうことになり、お得度が落ちてしまうのです。

e JALポイント10,000マイル⇒15,000ポイント(15,000円相当)
JALクーポン10,000マイル⇒12,000円
WAON10,000マイル⇒11,000WAON(11,000円相当)
アマゾンギフト券10,000マイル⇒10,000円
dポイント10,000マイル⇒10,000ポイント(10,000円相当)
Ponta10,000マイル⇒10,000ポイント(10,000円相当)

ここであげているのは一部の例ですが、特典航空券以外に交換すると1マイル=1円~1.5円の価値で交換することになります。

JALマイレージの1マイルは少なくとも2円以上の価値がありますのでもったいないですね。

その一方で、特典航空券に交換すれば1マイル=2円以上の価値を引き出すことができるので、マイレージを有効に使うことが出来るのです!

スポンサーリンク

国内線の特典航空券

片道6,000マイル、往復12,000マイルからJALグループの国内線特典航空券に交換することができます。

例えば、東京発着の特典航空券(往復)に必要なマイル数は次の通りです。

出発地到着地通常マイルディスカウントマイルJALカード割引
東京大阪、名古屋、秋田、山形、小松12,00010,0009,500
札幌、福岡、沖縄、女満別、旭川、釧路、帯広、函館、青森、三沢、南紀白浜、岡山、出雲、広島、山口宇部、徳島、高松、高知、松山、北九州、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、奄美大島15,00012,00011,500
久米島、宮古、石垣20,000対象外

東京⇔沖縄(那覇)だと15,000マイルで特典航空券に交換することができます。

15,000マイルくらいなら簡単に貯められるので、毎年無料で沖縄旅行、なんていうのもいいですね♪

ここでは一例として東京発着の必要マイル数しか載せていませんが、15,000マイルあれば沖縄の離島(久米島、宮古島、石垣島)を除く全国各地の往復をカバーできます。

飛行機で気軽に日本全国に行けると思うと、とてもワクワクしますよね!

JALグループ国内線特典航空券 マイル早見表

MEMO

ディスカウントマイル・・・設定されている割引期間にJALのWebページから特典航空券を予約すると通常より少ないマイルで交換できます。

JALカード割引・・・JALカード会員なら、ディスカウントマイルより500マイル少ないマイル数で特典航空券に交換できます。

6,000マイルで交換できる「どこかにマイル」

どこかにマイルlogo

通常、JALの国内線特典航空券は12,000マイル(往復)からの交換ですが、その半分以下の6,000マイルで特典航空券に交換できる「どこかにマイル」というプログラムがあります。

「どこかにマイル」という名称の通り、予約申込時に提示される4つの行き先候補から行き先が決定されるミステリーツアーのようなユニークな特典航空券ですが、その代わりにたったの6,000マイル(往復)で日本全国のどこかに行けます。

6,000マイルなら簡単に貯められるので、直ぐに特典航空券での旅行を実現できますし、いつもとは違う旅先の決め方でワクワクドキドキの新しい発見の旅が楽しめることでしょう。

国際線の特典航空券

片道7,500マイル、往復15,000マイルからJALの国際線特典航空券に交換することができます。

日本発着の主要都市への必要マイル数(往復)は次の通りです。

行き先エコノミープレミアムエコノミービジネスファーストクラス
ソウル15,00036,00060,000
グアム20,00045,00072,000
シンガポール35,00050,00080,000100,000
シドニー40,00050,00080,000100,000
ハワイ40,00060,00080,000100,000
ニューヨーク50,00065,000100,000140,000
パリ55,00070,000110,000160,000

一番手短なところだと15,000マイルで韓国のソウルに行けます。

家族でハワイ旅行に行くためにマイレージを貯めている人も多いですが、そのハワイへはエコノミークラスだと40,000マイルで交換できます。

もっと頑張って10万マイル、さらに14万マイルまで貯めればビジネスクラスかファーストクラスでニューヨークに行けますね♪

ニューヨークへの往復航空券(往復)は、ビジネスクラスで約80万円、ファーストクラスは約230万円もしますが、マイレージを貯めればそれが無料になるんですから凄いですよね!

14万マイルをニューヨーク行きのファーストクラス特典航空券(往復)に交換した場合、1マイルあたりの価値は約16円になります。

貯めたマイレージの価値を最大限に引き出して有効活用するためには、国際線の特典航空券に交換するのが一番お得なのです。

MEMO

国際線の場合、航空券代の他に燃料サーチャージや施設利用、税金、発券手数料などの諸費用を別途支払う必要があり、特典航空券の場合もこれらの諸費用が別途かかります。無料になるのは航空券代だけなのでご注意ください。
なお、JALの場合は、マイレージから交換したe JALポイントで燃料サーチャージを支払うことはできます。

提携航空会社の特典航空券

JALの国際線以外にも、ワンワールド加盟航空会社やJALが提携している以下の航空会社の特典航空券に交換することもできます。

アメリカン航空ブリティッシュ・エアウェイズキャセイパシフィック航空/
キャセイドラゴン航空
フィンエアー
イベリア航空LATAM航空マレーシア航空カンタス航空
カタール航空ロイヤルヨルダン航空S7航空スリランカ航空
エールフランス航空アラスカ航空エミレーツ航空ハワイアン航空
大韓航空中国東方航空バンコクエアウェイズ

JALが運行していない路線や日本以外から発着する特典航空券に交換することができるので、複数の提携航空会社を利用して世界各地を旅してまわることも出来ます。

例えば、このようなヨーロッパの4都市を周遊することも可能です。

ヨーロッパ4都市周遊

これだけの航空券代が無料になると考えると、マイレージってとても魅力的ですよね♪

MEMO

航空業界にはアライアンスという航空会社間の連合組織があり、加盟する航空会社は連合内でコードシェア便の運行などの業務提携やマイレージプログラムの連携などを行っています。
JALは「ワンワールド」というアライアンスに加盟しているので、ワンワールド加盟航空会社とのマイレージ相互利用ができます。
ちなみに、ANAは「スターアライアンス」という別のアライアンスに加盟しています。

JALマイレージの貯め方

ここまではJALマイレージの基本的な知識と使い道について解説してきましたが、最後に、そのマイレージを貯める方法を解説していきます。

賢く貯めるために知っておくべきこと

マイレージを貯める方法として一番知られているのは「飛行機に乗って貯める」ですが、それ以外にもマイレージを貯める方法があります。

マイレージを賢く貯めるには、飛行機に乗らなくてもマイレージを貯められることを知ることが重要になってきます。

  1. 飛行機に乗って貯める
  2. クレジットカード利用で貯める
  3. 電子マネー利用で貯める
  4. ポイントサイトで貯める

1.の飛行機に乗って貯める方法以外は飛行機に乗らずにマイレージを貯める方法です。

そして、意外かも知れませんが、飛行機に乗らずに貯める方法のほうがたくさんのマイレージを貯めやすいのです。

飛行機にしょっちゅう乗る人も、そうでない人も、たくさんのマイレージを貯めたいなら、これらの貯め方をしっかりと実行してもれなくマイレージを貯めるようにしましょう。

そうすれば、特典航空券に交換できるだけのマイレージを貯めることも難しくはありません。

飛行機に乗って貯める

航空券の予約時や搭乗時にJALマイレージバンク(JMB)のお得意様番号を提示してJALの飛行機に乗るとマイレージが貯まります。

この飛行機に乗って貯まるマイレージを「フライトマイル」、フライトマイルが貯まることを「マイレージが積算される」と言います。

フライトマイルは、搭乗した区間に定められた「区間マイル」と利用運賃に対応した「マイル積算率」から算出されて積算されます。

JALフライトマイル計算式

区間マイルは、搭乗した路線の航行距離です。

例えば、

東京(羽田)⇒那覇なら984マイル(片道)

東京(成田)⇒ホノルルなら3,831マイル(片道)

区間マイル数はどの航空会社でも同じで、国際線などの長距離路線に搭乗すればより多くのマイレージが貯まります。

利用運賃のマイル積算率は、利用運賃によって設定されているマイレージの積算率です。

JALの場合、国際線と国内線で次のように設定されています。

JAL国内線マイル積算率

国内線のマイル積算率

JAL国際線マイル積算率

国際線のマイル積算率

国内線は普通運賃を、国際線はエコノミークラスの正規運賃を基準(100%)として、払う運賃に応じて積算されるマイレージが増減するようになっています。

要は、運賃が高い航空券ほど積算率が高い=積算されるマイレージが多い、ということです。

飛行機に乗ると貯まるフライトマイルは、距離が長い区間に高い運賃で乗ればより多くのマイルが貯まる仕組みになっています。

MEMO

航空券には「予約クラス」または「ブッキングクラス」、「運賃クラス」などと言われる運賃種別によるクラス分けがあります。
予約クラスは「F」「A」「J」「C」「Y」「B」というようにアルファベット1文字で表しますが、座席シートのクラス分けを表すアルファベット(エコノミーがY、ビジネスがC、ファーストがF)とは違うものなのでご注意ください。

提携航空会社でもフライトマイルが貯まる

JALが属しているワンワールドアライアンスの加盟航空会社やJALが独自に業務提携をしている以下の航空会社に乗ることでもフライトマイルを貯めることができます。

アメリカン航空ブリティッシュ・エアウェイズキャセイパシフィック航空/
キャセイドラゴン航空
フィンエアー
イベリア航空LATAM航空マレーシア航空カンタス航空
カタール航空ロイヤルヨルダン航空S7航空スリランカ航空
エールフランス航空アラスカ航空エミレーツ航空ハワイアン航空
中国東方航空バンコクエアウェイズジェットスター・ジャパン

提携航空会社の航空券を予約する時、または搭乗時にJMBのお得意様番号を提示すればJALのマイレージが積算されます。

マイレージが積算される条件や、予約クラスごとの積算率などは各提携航空会社によって設定されており、中にはマイレージが積算されないケースや予約クラスなどがある場合もありますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

クレジットカード利用で貯める

JALのマイレージが貯まるクレジットカードを利用すれば、その決済(ショッピング利用)でマイレージを貯めることができます。

スーパーやコンビニでのお買い物、ネットショッピング、スマホの通信費、水道ガス電気代、自動車保険代、固定資産税、などなど、ありとあらゆる支払いをクレジットカードで払えば、1年間で20,000~30,000マイルくらいは貯められます。

JALのマイレージが良く貯まるクレジットカードと言えば、この3つのクレジットカードが有名です。

JALカード

JALカード

セゾンゴールドアメックス

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナビジネスアメックス

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

いずれのクレジットカードも、ショッピング利用額に対して1%程度の還元率でマイレージが貯まるので、1年間に200万円の支払いで20,000マイル、300万円の支払いで30,000マイルが貯まる計算です。

30,000マイルは東京⇔サンフランシスコの区間マイルの3往復分に相当するマイル数です。

飛行機に乗らない人でも、マイレージが貯まるクレジットカードを利用することでこのくらいのマイレージを貯めることが可能なのです。

そして、20,000~30,000マイルあれば、1年に1回は特典航空券に交換して無料で飛行機に乗ることができるでしょう。

電子マネー利用で貯める

電子マネーのWAONで貯める

電子マネーの「WAON」が使えるお店で、JMB WAONカードを使って支払うと支払額200円(税込)=1マイルが貯まります。

WAONが使える店舗ならどこでもJALのマイレージを貯めることができますが、この貯め方はイオンとファミリーマートで威力を発揮します!

イオンの「お客さまわくわくデー」

イオンお客さまわくわくデー

イオンの店舗で毎月5が付く日(5日、15日、25日)に実施される「お客さまわくわくデー」では貯まるマイルが通常の2倍になり、200円(税込)=2マイルが貯まります。

イオンの「ありが10デー」

イオンのありが10デー

イオンの店舗で毎月10日に実施される「ありが10デー」では貯まるマイルが通常の5倍になり、200円(税込)=5マイルが貯まります。

WAONマイル特約店

WAONマイル特約店

コンビニの「ファミリーマート」と国内各空港でお弁当やお土産などを販売している「BLUE SKY」店舗はWAONマイル特約店なのでいつでもマイルが2倍!
200円(税込)=2マイルが貯まります。

さらに、JALカードを使ってJMB WAONカードにチャージすると、チャージ額に対しても100円(税込)=1マイルが貯まるのでさらにJALマイレージを貯めることが出来ます。

WAONクレジットチャージ

イオンやファミリーマートを良く利用する人は見逃せないJALマイレージの貯め方です。

ポイントサイトで貯める

ハピタスに登録

ネットで手軽にお小遣い稼ぎができることで人気がある「ポイントサイト」を利用してJALのマイレージを貯めることが出来ます。

ポイントサイトを経由して楽天市場やYahoショッピングでお買い物をしたり、クレジットカードの新規発行申し込みなどをすることでポイントが貯まり、貯めたポイントをJALのマイレージに交換することが出来ます。

ポイントサイトの会員登録は無料なので、上手に利用すれば無料でたくさんのマイレージを貯めることができるのです。

「ネットでポイントがもらえる」と聞くとなんだか怪しげに聞こえるかも知れませんが、ポイントサイトは広告ビジネスで成り立っているサービスなので、怪しいものではありません。

ポイントサイトの仕組み

ポイントサイトの仕組み

ポイントサイトは広告主(多くは企業)の広告を掲載し、私たち利用者がポイントサイトを経由して広告主の商品を購入したりサービスを利用すると、広告主からポイントサイトに支払われる広告料の一部がポイントとして還元されるのです。

ポイントサイトを利用すれば面白いようにマイレージを貯めることが出来るようになるので、是非、チャレンジしてみてください。

JALのマイレージを貯めるなら「ハピタス」「モッピー」というポイントサイトがおすすめです。

まとめ

JALマイレージを貯める使う

JALのマイレージを貯めるために知っておきたい基本的な知識と賢く貯める方法を解説しました。

この記事を読んで一番知って欲しいことは、

マイレージを貯める方法は飛行機に乗るだけでない、

ということです。

しかも、

飛行機に乗って貯めるよりも、飛行機に乗らずに貯める方法のほうがたくさんのマイレージを貯めやすいのです。

東京と沖縄(那覇)を往復しても約2,000マイルしか貯まりませんが、クレジットカードやポイントサイトを駆使すれば万単位のマイレージを貯めることができますからね。

飛行機に乗らずにマイレージを貯める方法をしっかりとおさえておけば、賢くマイレージを貯めることが出来ます。

そうすれば、

年に数回飛行機に乗って貯まった中途半端なマイレージを無駄にすることも無くなりますし、

飛行機に乗る機会が少ない人でもマイレージを貯めて特典航空券に交換することも可能なのです。

「陸マイラー(おかまいらー)」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?
今回解説したクレジットカードやポイントサイトを使ってマイレージを貯める方法を駆使してマイレージを貯める人のことです。

飛行機に乗らずにマイレージを貯める=陸でマイレージを貯めるから「陸マイラー」ですね。

私はJALのマイレージを貯めている陸マイラーです。
陸マイラーでマイレージを貯めるようになった最初の1年間で30万マイル以上のマイレージを貯めました。

30万マイルと聞くと少し驚かれるかも知れませんが、決して私が特別なわけではありません。

少しネット検索すればわかると思いますが、数十万マイルを貯めている陸マイラーはいくらでもいます。
つまり、それだけ陸マイラーでマイレージを貯めやすいということです。

長い記事を最後までお読み下さいましてありがとうございました!

この記事を読んで陸マイラーに興味を持たれた人は、次はこちらの記事を読んでみてください。
陸マイラーでJALのマイレージを貯める方法を詳しく解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です