今年最後の大チャンス!マイルが稼げるモッピー新規登録で2,000Pプレゼントはこちら!

JALマイルで交換できる3つの国際線特典航空券の違いを詳しく解説!

JALマイルで交換できる3つの国際線特典航空券の違いを詳しく解説!

貯めたJALマイルの使い道と言えば、やはり特典航空券に交換することですよね!

特に国際線の特典航空券を狙っている人が多いかと思いますが、JALマイルで交換できる3つの国際線特典航空券の違いをちゃんと理解できていますか?

3つの国際線特典航空券
  1. JAL国際線特典航空券
  2. JMB提携航空会社特典航空券
  3. ワンワールド特典航空券

「自分が希望する特典航空券を上手く検索することができない、、、」

「実はJMB提携航空会社特典航空券とワンワールド特典航空券の違いがイマイチ良く分からない、、、」

という人はいませんか?

そんな人のために、

JALマイルで交換できる3つの国際線特典航空券の違いを詳しく解説します。

スポンサーリンク

JALマイルで交換できる3種類の国際線特典航空券

JALのWebサイトで国際線特典航空券の予約ページを見ると、

JAL国際線特典航空券

JMB提携航空会社特典航空券

ワンワールド特典航空券

この3種類から選んで検索するようになっています。

JALマイルで交換できる3つの国際線特典航空券
3種類の国際線特典航空券

JAL国際線特典航空券(以下JAL特典)はJAL便を利用する特典航空券だとわかりますが、JMB提携航空会社特典航空券(以下JMB提携特典)とワンワールド特典航空券(以下ワンワールド特典)にはどんな違いがあるのでしょうか?

希望する特典航空券を予約するにはどの特典航空券で検索すれば良いか?

はじめて特典航空券を検索する人なら確実に悩むことになるでしょう(^ ^;)

まずは、3つの特典航空券の主な違いをまとめた以下の表を見てください。

これを見てもらうと、それぞれどんな特典航空券なのかをだいたい理解できると思います。

JAL特典JMB提携特典ワンワールド特典
利用できる航空会社JALのみ利用JMB提携航空会社かワンワールド航空会社の1社のみ利用JALおよびワンワールド航空会社を2社以上組み合わせで利用
利用できる座席クラスエコノミー、プレエコ、ビジネス、ファースト利用航空会社による
必要マイル数発着地ごとのテーブル制距離制(利用区間の実マイル数合計から決まる)距離制(利用区間の実マイル数合計から決まる)
燃油サーチャージ別途必要利用航空会社による
利用できる旅程日本発または日本着の旅程に限る日本発着および海外発着の旅程が可能
利用できる区間数1特典で往路・復路それぞれ国際線1区間、国内線1区間まで1特典で最大6区間まで(地上移動区間を除く)1特典で最大8区間まで(地上移動区間を除く)
途中降機(24時間以上の一都市滞在ならびに地上移動区間)往復旅程においては旅程全体で1回まで(片道旅程では不可)旅程全体で3回まで旅程全体で7回まで
予約変更不可日付、便の変更可
払い戻し特典航空券がすべて未使用の場合に限り払い戻し可能

ここで注目しておくべきことは、

利用できる航空会社

必要マイル数

組める旅程(発着や利用区間数、途中降機)

がそれぞれ違うということです。

自分が希望する特典航空券を手に入れるためには、このような3つの特典航空券の違いをしっかり理解したうえで検索する必要があります。

JMB提携特典とワンワールド特典の違い

3つの特典航空券の違いを理解するうえで重要になってくるのが、

JMB提携特典ワンワールド特典の違いを理解することです。

JALマイルで交換できる国際線特典航空券で利用できる提携航空会社は全部で19社あります。

その提携航空会社には「ワンワールド提携航空会社」「JALが独自提携する航空会社」の2種類があって、3つの特典航空券で利用できる航空会社を一覧にまとめると以下のようになります。

青字がワンワールド提携航空会社、赤字がJALが独自提携する航空会社です。

航空会社JAL特典JMB提携特典ワンワールド特典
JALのみ利用できる1社のみで利用できる 2社以上の組み合わせで利用できる
JAL×
アメリカン航空×
ブリティッシュ・エアウェイズ×
キャセイパシフィック航空/キャセイドラゴン航空×
フィンエアー×
イベリア航空×
LATAM航空×
マレーシア航空×
カンタス航空×
カタール航空×
ロイヤルヨルダン航空×
S7航空×
スリランカ航空×
エールフランス航空××
アラスカ航空××
エミレーツ航空××
ハワイアン航空××
大韓航空××
中国東方航空××
バンコクエアウェイズ××

ここで注意しなければいけないのが、

ワンワールド提携航空会社を1社だけ利用する特典航空券は「JMB提携特典」で検索しなければならない。

ということです。

「えっ?ワンワールド提携航空会社なんだからワンワールド特典で検索するんじゃないの?」

って思いますよね?

でも違うんです。

ワンワールド提携航空会社を1社だけ利用する時は「JMB提携特典」で、

JALおよびワンワールド提携航空会社を2社以上組み合わせて利用する時は「ワンワールド特典」で検索します。

どうしてそうなっているのかというと、

ワンワールド特典とJMB提携特典は特典交換に必要なマイル数の設定が違うからです。

つまり、

ワンワールド提携航空会社かJAL独自提携航空会社の1社のみを利用する場合は「JMB提携特典」

JALおよびワンワールド提携航空会社を2社以上組み合わせて利用する場合は「ワンワールド特典」

という分け方になっていて、それぞれ違う必要マイル数が設定されているのです。

まとめ

どの特典航空券で検索するべきかは、利用したい航空会社や組み合わせによって決まる。

JAL特典・・・JAL便のみを利用

JMB提携特典・・・ワンワールドかJAL独自提携航空会社の1社のみを利用

ワンワールド特典・・・JALおよびワンワールド提携航空会社を2社以上組み合わせて利用

※JAL独自提携航空会社は1社のみでの利用に限られます。他の提携航空会社と組み合わせて利用することは出来ません。

3つの国際線航空券の違いを理解できたら後は色々と検索して自分の希望に合った特典航空券を見つけましょう。

目的地に直行する旅程以外にも利用する航空会社や経由地などの組み合わせで複数パターンの旅程を組める場合があるので、色々と検索して研究するのが特典航空券を上手に予約するコツです。

JAL国際線特典航空券(JAL特典)

片道7,500マイル、往復15,000マイルからJALが運航する日本発着の国際線を利用できる特典航空券です。

JAL便だけを利用する特典航空券を発券したい時にはこれで検索します。

こんな特典航空券に交換できる
  • JAL便のみを利用
  • 全ての座席クラスを利用可能
  • 日本発または日本着の旅程に限る
  • 1特典で往路・復路それぞれ国際線1区間、国内線1区間まで
  • 往復旅程においては旅程全体で1回地上移動区間を設定可能

JAL特典の必要マイル数

行き先と搭乗クラスごとに必要マイル数(基本マイル)が設定されており、予約残席に応じて必要マイル数が変動する「JAL国際線特典航空券PLUS」という仕組みになっています。

JAL国際線特典航空券PLUSの仕組みを説明する図
JAL国際線特典航空券PLUSの仕組み

例えば、「東アジア」に区分される路線の必要マイル数(エコノミークラス片道)は以下のよう設定されています。

JAL国際線特典航空券PLUSの東南アジア日本発着の必要マイル数一覧表
MEMO

往復で利用する場合は、片道の必要マイル数を合算したマイル数が必要になります。

東京(羽田/成田)から台北行きの必要マイル数(片道)は基本マイルが10,000マイルですが、特典航空券の予測残席に応じて最大53,000マイルになる可能性があります。

実際に検索してみると搭乗日ごとに必要マイル数が異なっていることが分かります。

JAL国際線特典航空券PLUSの検索結果画面

この例では10月25日だと基本マイルよりも5,500マイル多い15,500マイルが必要ですが、前日の10月24日なら基本の10,000マイルになっています。

ちょっと面白いのが10月23日は検索結果の最安で7,500マイルになっていることです。

これは、東京→大阪(関空)→台北という旅程になっているため大阪(関西)便利用の基本マイルが適用されているのです。乗り継ぎが苦でなければこのパターンが最も少ないマイル数で台北に行けます。

JAL特典の必要マイル数の詳細はこちらのJAL公式サイトでご確認ください。

MEMO

JAL特典では、必要マイル数の他に燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)や航空保険特別料金、出入国税、空港使用料をはじめとする税金・料金や各種手数料がかかります。

JMB特典やワンワールド特典で利用できる提携航空会社の中には燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を別途請求されない航空会社もあります。(カタール航空やアメリカン航空、マレーシア航空、スリランカ航空、ハワイアン航空など)

スポンサーリンク

JAL特典で発券できる旅程の例

まずはJAL特典で発券できる旅程の例を紹介しますが、JAL特典もJMB提携特典もワンワールド特典も発券できる旅程の基本パターンは同じなので、これをJALマイルで交換できる国際線特典航空券の基本パターンとして覚えておいて問題ありません。

JAL特典で発券できる旅程をベースに、JMB提携特典やワンワールド特典では利用区間数や途中降機の回数が増えることによって組める旅程のバリエーションが増えると考えると分かりやすいです。

日本と1つの目的地を往復する旅程

日本を出発して1つの目的地を往復する、いちばん利用頻度が高い基本形とも言える旅程です。

日本と1つの目的地を往復する旅程の例
MEMO

JAL特典とワンワールド特典では日本国内の乗り継ぎも可能です。

往路の到着地と復路の出発地が異なる旅程

往路の到着地から地上を移動し、別の地点から復路を出発する旅程です。

往路の到着地と復路の出発地が異なる旅程の例

海外発日本着の旅程

JAL特典では目的地が日本であれば海外発の旅程も発券できます。

海外発日本着の旅程の例
MEMO

JMB提携特典とワンワールド特典では海外発海外着の旅程も発券できます。

出発地と最終帰着地が異なる旅程

出発地とは別の地点に帰着する旅程です。

出発地と最終帰着地が異なる旅程の例

片道旅程

片道旅程での発券もできます。

片道旅程の例
片道旅程の例

発券できない旅程

JAL特典では以下のような旅程は組めませんのでご注意ください。

発券できない旅程の例

JMB提携航空会社特典航空券(JMB提携特典)

12,000マイルからワンワールド提携航空会社とJAL独自提携航空会社を利用でる特典航空券です。

19社ある提携航空会社の中から1社を選んで利用したい場合にはこれで検索します。

1特典で利用できる区間が最大6区間まで、その中で3回まで途中降機(地上移動含む)を設定できるのでJAL特典よりも組める旅程のバリエーションが広がります。

こんな特典航空券に交換できる
  • ワンワールド提携航空会社かJAL独自提携航空会社の1社のみ利用
  • 利用できる座席クラスは利用航空会社による
  • 日本発着および海外発着の旅程が可能
  • 1特典で最大6区間まで(地上移動区間を除く。一部航空会社を除く)
  • 旅程全体で3回まで途中降機可能
MEMO

一部の航空会社では利用可能区間数が異なります。

大韓航空:1特典で最大2区間まで
中国東方航空:1特典で最大4区間、うち、中国国内区間は最大2区間まで
ハワイアン航空:最大4区間、うち、ハワイ離島内区間は最大2区間まで

JMB提携特典の必要マイル数

特典航空券の交換に必要なマイル数は、各区間の実マイル数の合計である「総旅程距離(マイル)」と利用するクラスに応じて算出されます。

JMB提携航空会社特典航空券の必要マイル数一覧表
JMB提携特典の必要マイル数

例えば、

東京-台北-香港-東京

という旅程だと総旅程距離が3,664マイルになるので、エコノミークラス特典航空券の交換に必要なマイル数は23,000マイルです。

JMB提携特典の必要マイル数の例

総旅程距離はJALのWebページにある「マイル計算機」を使って簡単に調べることができます。

JALマイル計算機の画面
マイル計算機
注意

JMB提携特典とワンワールド特典は旅程の総距離で必要マイル数が決まるため、片道ずつ別々に予約すると余計なマイル数が必要になってしまうのでご注意ください。

JMB提携特典で発券できる旅程の例

発券できる旅程の基本パターンはJAL特典と同じです。

そのうえでさらにJMB提携特典では、1特典で最大6区間まで、その中で途中降機(地上移動含む)を3回まで設定できるので、以下のような旅程を組むことが可能となります。

海外発海外着の旅程

JMB特典とワンワールド特典では海外を出発して海外に到着する旅程も発券できるので、海外に出た後の移動に特典航空券を利用することも出来ます。

海外発海外着の旅程の例
ハワイアン航空利用

距離制を活かしたお得な旅程

JMB提携特典とワンワールド特典の必要マイル数は利用する各区間の実マイル数の合計(総旅程距離マイル)で決まるので、旅程の組み方を工夫することでお得な旅程を発券できる場合があります。

例えば東京からロンドンを単純往復する総旅程距離は12,428マイルなので、上の必要マイル数一覧から特典交換に必要なマイル数は55,000マイル(総旅程距離12,001〜14,000マイル)になります。

そこにパリまでの片道飛行機移動を足しても総旅程距離は12,642マイルなので特典航空券に必要なマイル数は55,000マイルで変わりません。

JMB提携特典の距離制を活かしたお得な旅程の例
ブリティッシュ・エアウェイズ利用

この例ではパリからロンドンへの復路は地上移動になっていますが、仮にロンドンーパリの往復を飛行機にしたとしても総旅程距離は12,856マイルなので特典航空券に必要なマイル数は55,000マイルで変わりません。

このように必要マイル数一覧の区切りを意識して旅程を考えると、同じ必要マイル数でもお得な旅程を組むことができるのです。

関連記事

JALマイルでハワイアン航空を上手に利用すると、日本とハワイの往復に必要なマイル数のままで離島に足をのばすことが出来るのでおすすめです!

JALマイルでハワイ離島ホッピング!JALマイルでハワイ離島ホッピング!ハワイアン航空特典航空券の極め方

途中降機3回をフル活用したモデルプラン

JMB提携特典で設定出来る3回の途中降機をフル活用したモデルプランとして、このような旅程を発券することが出来ます。

JMB提携特典の途中降機3回をフル活用したモデルプラン
アメリカン航空利用

発券できない旅程

JMB提携特典もワンワールド特典も、

出発地へ戻りさらに出発地以外の都市へ行く旅程、

出発国へ戻りさらに第三国へ行く旅程、

は組めません。

JMB提携特典とワンワールド特典で発券できない旅程の例

ワンワールド特典航空券(ワンワールド特典)

25,000マイルからJALおよびワンワールド提携航空会社の2社以上を組み合わせて利用できる特典航空券です。

JALを含む12社のワンワールド提携航空会社を2社以上組み合わせて利用したい場合にはこれで検索します。

1特典で利用できる区間が最大8区間まで、その中で7回まで途中降機(地上移動含む)を設定できるのでJMB提携特典よりもさらにバリエーション豊かな旅程を組むことができます。

こんな特典航空券に交換できる
  • JALおよびワンワールド提携航空会社の2社以上を組み合わせて利用
  • 利用できる座席クラスは利用航空会社による
  • 日本発着および海外発着の旅程が可能
  • 1特典で8区間まで(地上移動区間を除く)
  • 旅程全体で7回まで途中降機可能

スポンサーリンク

ワンワールド特典の必要マイル数

特典航空券交換に必要なマイル数は各区間の実マイル数の合計である総旅程距離と利用するクラスに応じて算出されます。

ワンワールド特典航空券の必要マイル数一覧表
ワンワールド特典の必要マイル数
注意

必要マイル数が距離制で決まるのはJMB提携特典と同じですが、総旅程距離の区切りと設定されている必要マイル数がJMB提携特典とワンワールド特典ではそれぞれ違うのでご注意ください。

ワンワールド特典を活用したモデルプラン

発券できる旅程の基本パターンはJAL特典やJMB提携特典と同じです。

そのうえでさらにワンワールド特典では、複数の提携航空会社を組み合わせて1特典で最大8区間まで、その中で途中降機(地上移動含む)を7回まで設定できるので、JAL特典やJMB提携特典よりも自由度が高く、さらに組める旅程のバリエーションが広がります。

例えば、フィンエアー、ニキ航空(フィンエアー)、ブリティシュ・エアウェイズの3社を利用してヨーロッパの4都市を周遊する旅程を組むこともできます。

ワンワールド特典を活用したモデルプラン
ワンワールド特典でヨーロッパ周遊

目標を決めてJALマイルを貯めよう!

JALマイルで交換できる3つの国際線特典航空券の違いを解説しました。

せっかく貯めたJALマイルを上手に活用するためには特典航空券を検索して発券する時のルールをしっかりと理解しておくことが重要です。

この記事では主要な部分を抜粋して解説しましたので、JALのWebサイトに記載されているルールにひと通り目を通して熟知されることをおすすめします。

あれやこれやとルートを検索して旅の行き先を考えるのは楽しいものです。

検索して見つけたお気に入りの特典航空券を目標にJALマイルを貯めていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です