モッピー新規登録でもれなく最大1,300ポイントもらえる大チャンスはこちら!

JALマイレージでハワイアン航空ビジネスクラス特典航空券を発券!ついにマイルでハワイ旅行に王手をかけた!!

JALマイレージでハワイアン航空ビジネスクラス特典航空券を発券!

こんにちは、MOZUです。

ついに、

ハワイ行きビジネスクラス特典航空券

を発券しましたーーーっ!!!

来年の秋に家族3人でハワイに行きます!

MOZU

陸マイラーをはじめて1年と9ヵ月、ついにこの時が来ました!

陸マイラーをはじめたのも、

ブログをはじめたのも、

すべては、

家族をハワイに連れて行ってあげたい、

家族をビジネスクラスに乗せてあげたい、

そして、

家族で楽しい旅行をたくさん楽しみたい、

という思いからでした。

そんな私の目標である「マイルでハワイ旅行」に王手をかけたのです!

まだ特典航空券を発券しただけなのにちょっと大袈裟じゃない?

と言われてしまうかもしれませんが、

私としては陸マイラーとしての大きな節目を迎えたつもりなので、このタイミングで発券に至った経緯やハワイアン航空を選択した理由などを記事にしておきたいと思います。

スポンサーリンク

タイムリーな朗報!

JALとハワイアン航空提携

思い起こせば約2年前、

飛行機に乗らずに大量のマイレージを貯める陸マイラーの存在を知り、

ビジネスクラスで海外旅行にバンバン行っている陸マイラーブログを読んで驚いたのと同時に、

「自分でもやってみたい!」

と思ったのがすべての始まりでした。

まゆつば物かもしれないという思いもありながら陸マイラー活動を始めてみると、思いのほか順調にマイレージが貯まるようになり、1年が経ったころには30万マイル以上が貯まっていました。

MOZU

陸マイラーって凄いんです!
本当にマイレージがたくさん貯まりますよ。

家族3人でハワイに行けるだけのマイレージは手に入ったし、あとはハワイ旅行を実現するだけでしたが、家族の都合をすり合わせて旅行のスケジュールを決めるのが難しい状況にあったため、しばらく実行に移すことを見送っていました。

そして最近、もう一度家族と相談してみたところ、来年の秋、10月~11月頃なら大丈夫だろうという見通しが立ったので、本格的に特典航空券の発券を検討することにしたのです。

そんな時、JALとハワイアン航空が2018年10月1日からマイレージプログラムの提携を開始するという、思わぬ朗報が飛び込んできました。

この提携によってJALのマイレージでハワイアン航空の特典航空券を発券できるようになり、ハワイ行き特典航空券を獲得できるチャンスが増えたのです。

東京(成田/羽田)~ホノルル直行便だけで見ても、JALの4便にハワイアン航空の3便が加わり、合計で7便が特典航空券の発券対象になる可能性があるのです。

航空会社路線運行間隔
JAL成田~ホノルル4便毎日
ハワイアン航空成田~ホノルル1便毎日
羽田~ホノルル1便毎日
羽田~ホノルル1便月火木土

このタイムリーに飛び込んできた朗報が特典航空券の発券を強力に後押ししたのです。

私が発券した特典航空券

ハワイアン航空の飛行機

今回、私が発券したのはハワイアン航空の特典航空券です。

来年10月の旅程で、羽田~ホノルル往復、ビジネスクラス、大人3名で発券しました。

発券した特典航空券

発券した特典航空券

発券に使ったマイル数は、大人3人分で189,000マイル、ひとり当たり63,000マイルです。

交換に使ったマイル数

交換に使ったマイル数

マイレージの他に税金や空港利用料などとして15,360円(大人3人分合計)をクレジットカードで支払っていますが、たったこれだけでビジネスクラスでハワイに行けるんですから、やっぱりマイレージってお得ですね。

ハワイアン航空のホノルル路線で運行されているエアバスA330型機のビジネスクラスには、もちろんフルフラットシートが導入されています!

ハワイアン航空ビジネスクラスシート

ハワイアン航空ビジネスクラスシート

MOZU

このビジネスクラスに乗ってハワイに行くのが今からとっても楽しみです!

そして、妻と娘はビジネスクラスに乗るのがはじめてなので、2人がどのような反応をするのかも楽しみです。

どうしてハワイアン航空を選んだのか?

ハワイアン航空logo

当初私はJALの特典航空券を発券することを考えていましたが、その考えを変えさせたのが9月に発表されたJALとハワイアン航空のマイレージプログラム提携でした。

提携によってハワイアン航空が選択肢に加わり、実際にJALの特典航空券と比較してみたら、私にとっては圧倒的にハワイアン航空のほうが魅力的に映ったのです。

スポンサーリンク

必要マイル数がお得なうちに

JALマイレージバンクでは2018年11月20日AM9:00以降、提携航空会社の特典航空券(JMB提携航空会社特典航空券とワンワールド特典航空券)の交換に必要なマイル数が変更され、ハワイアン航空の特典航空券に必要なマイル数が増えてしまうことが分かっていたので、その前に発券しておきたい、という事情がありました。

提携航空会社の特典航空券への交換に必要なマイル数は、交換する特典航空券の総旅程距離(区間マイルの合計)で決まるのですが、変更によって必要マイル数が減るケースもあれば増えるケースもあります。

ハワイアン航空の東京~ホノルル往復ビジネスクラス(大人1人)の場合、63,000マイルから80,000マイルに変更となり、17,000マイルも増えてしまうのです。

必要マイル数の変更

東京~ホノルルの総旅程距離(区間マイル往復)は7,662マイル

家族3人分だと合計で51,000マイルも違いますから、その差は大きいですよね。

それに、ビジネスクラスの往復が63,000マイルというのは、JALの特典航空券が往復80,000マイルなのに比べると、実は凄くお得だったのです。

この事実を知って、一気にハワイアン航空に気持ちが傾きました。

お得な63,000マイルで予約できるタイムリミットは変更前の11月20日AM8:59まで。

特典航空券は搭乗日の330日前から予約可能となるので、変更前ギリギリの11月19日に予約すれば2019年10月上旬の特典航空券を発券することができます。

MOZU

これはもう、今しかないでしょ!

私にとってはこれ以上ない絶好のタイミングだったのです。

JALの提携航空会社特典航空券は、有効期限内(発券から1年間)なら日付変更(期限内の旅程)は無料で何回でも出来るので、マイル数がお得なうちにとりあえず発券しておいて必要なら後で日程変更すればいいや、というくらいの気持ちで発券しました。

最悪のケースとしてキャンセルせざるを得ない事態になったとしても、1人あたり3,100円の手数料を払えばマイルと諸費用は全額払い戻しされるので大損することも無いと思います。

特典航空券の席数が多い

ハワイアン航空は特典航空券に解放されているビジネスクラスの座席数が多いので、家族3人分の予約を一括で確保することができました。

私が狙っていた2019年の10月~11月は、どちらかと言えばハワイ旅行の閑散期にあたるので、JALでも空席を見つけることは難しくはありませんでした。

ただしJALの場合、330日前の予約開始時点で特典航空券に開放されるビジネスクラス座席は1便につき2~4席くらいしか無いと言われており、実際に検索をしてみると、平会員の私では1便につき2席しか空席が見えません(T T)

JALは1便に2席

JALは1便に2席

これでは家族3人分を同時に確保することが出来ません。

これまでは全体の空席状況によって徐々に開放される席数が増える傾向にあったので、それを待つ手もあるか?とも考えましたが、2018年12月4日に新しい特典航空券のルール「JAL国際線特典航空券PLUS」の導入が控えている今の状況では、その望みは薄いだろうと判断しました。

その一方で、ハワイアン航空は、いきなり1便あたり7席ものビジネスクラス特典航空券枠があったのです。

ハワイアン航空は1便に7席

ハワイアン航空は1便に7席

ハワイアン航空のホノルル路線のビジネスクラスは1便に18席なので、その1/3以上を特典航空券に開放していることになります。

JALとの提携を記念してのボーナスステージなのか、それとも意外と利用者が少ないのか、真相のほどは分かりませんが、マイレージを貯めている人にとっては嬉しい大盤振る舞いです。

このお陰で無事に家族3人分のビジネスクラス特典航空券を発券できました。

燃油サーチャージが無料

ビジネスクラスの特典航空券枠が多いことにも驚きましたが、もうひとつ、実際に特典航空券を検索して驚いたことがあります。

それは、

ハワイアン航空の特典航空券は燃油サーチャージがかからない、

ということです。

同じ日程で東京~ホノルル往復のビジネスクラス特典航空券をJALとハワイアン航空で比較してみると、必要マイル数以外にかかる「税金・燃油特別付加運賃など」の金額がぜんぜん違うのです。

JALの場合、大人1人あたり26,910円ですが、

JALの必要マイルと諸経費

JALの必要マイルと諸経費

ハワイアン航空は、大人1人あたり5,170円なのです。

ハワイアン航空の必要マイル数と諸経費

ハワイアン航空の必要マイル数と諸経費

JALの26,910円には17,000円の燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)が含まれていますが、ハワイアン航空の明細を見ると燃油サーチャージが含まれていないことが分かります。

ハワイアン航空の諸経費明細

ハワイアン航空の諸経費明細

その差は、大人1人あたりの往復で21,740円となり、家族3人分だと65,220円も違うのです。

MOZU

6万円の差は大きいぞ!

だって、その分をホテルや食事などに使ったほうが断然いいと思いませんか?

ということで、燃油サーチャージがかからないこともハワイアン航空を選ぶ決め手のひとつとなりました。

特典航空券で燃油サーチャージがかかるかどうかは航空会社ごとに違うので、燃油サーチャージがかからない航空会社を選べばよりお得にマイレージを使うことができるというわけですね。

スポンサーリンク

羽田便がある

JALのホノルル路線は成田発着しかありませんが、ハワイアン航空は成田発着が1便と羽田発着が2便あります。

東京在住の私にとっては、やはり羽田空港のほうがアクセスが便利なので、その点においてもハワイアン航空に軍配があがりました。

1年後のハワイ旅行が楽しみ!

ワイキキ

JALとハワイアン航空の提携を知ったことをきっかけに、以上のような事象が相まった結果、

発券するなら今しかない!

と思い立ち、

ついにハワイ行きビジネスクラス特典航空券を発券しました。

1年もかからずに国際線ビジネスクラスの特典航空券を発券している人をたくさん見てきましたので、それに比べたら私のペースはすごく遅いほうだと思います。

それでも陸マイラーをはじめて1年と9ヶ月、ゆっくりとしたマイペースながら何とかここまでやり続け、ついに目標達成に王手をかけられたことが嬉しくて仕方ありません。

MOZU

ようやく一人前の陸マイラーになれた気がします!

ハワイアン航空のビジネスクラスの乗り心地はどうなのか?

ハワイで何をして、何を食べようか?

ホテルはどこにしようか?

家族はどんな笑顔を見せてくれるのか?

どんな素敵な思い出が作れるのか?

1年後に控えたハワイ旅行のことを考えると、今から楽しみでなりません!

MOZU

陸マイラーって最高ですね!

今回私がハワイアン航空のビジネスクラス特典航空券の発券に使った189,000マイルは、クレジットカードやポイントサイトを利用して貯めたマイレージです。

貯め方のコツさえつかめば誰でも大量のマイレージを貯めることが出来ますので、ご興味のある方はこちらの関連記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です