9/30まで限定!マイルが稼げるモッピー新規登録で1,000Pプレゼントはこちら!

JAL「おともdeマイル割引」の隠れた2つのメリットを解説!

JALの国内線の割引運賃に「おともdeマイル割引」というものがあります。

JALマイレージバンク(JMB)会員がマイルで国内線に乗る時に、その同行者が利用できる割引運賃です。

JMB会員に「同行する=おともする」から「おともdeマイル割引」というわけですね。

そのネーミングからして単に同行者の運賃が割引になると思われがちですが、実はマイラーにとって利用価値が高いとてもお得なサービス内容になっています。

サービス内容が少し分かりにくいせいか、せっかくのメリットが目立っていないのがもったいないところです。

そこで今回は、おともdeマイル割引のお得度を検証して判明した隠れた2つのメリットを解説します。

スポンサーリンク

おともdeマイル割引の隠れた2つのメリット

おともdeマイル割引のサービス内容

「おともdeマイル割引」は、JALマイレージバンク(JMB)会員1名と同行者3名までのグループが利用できる国内線の運賃割引サービスです。

JMB会員1名と同行者(3名まで)が同一便・同一クラスに搭乗して同一路線を往復することを条件に、

JMB会員は往復10,000マイル

同行者は割引運賃(おともdeマイル割引)で

JALの国内線に搭乗できます。

MEMO
・マイルで利用できるのはJMB会員1名のみです。
・同行者は家族以外の知人や友人など誰でも利用できます。
・おともdeマイル割引に小児運賃の設定はありません。子供の同行者料金は大人と同額です。

運賃の具体例

おともdeマイル割引の運賃具体例
東京ー札幌(新千歳)家族4名で利用の場合
MEMO
おともdeマイル割引は路線と搭乗日によって運賃額が異なります。
札幌往復26,000円/人は1つの例です。

おともdeマイル割引をざっくりと言えば、

1人がマイルで特典航空券を発券して、その同行者は割引料金が適用されてお得になる、

ということなのですが、実際にはどのくらいお得なサービスなのでしょうか?

そのお得度を検証すると隠された2つのメリットが見えてきました。

おともdeマイル割引のメリット
  1. 10,000マイルで日本全国どこへでも往復できる
  2. 先得運賃よりも安い

10,000マイルで日本全国どこへでも往復できる!

マイルで搭乗するJMB会員は10,000マイルで日本全国のどこへでも往復できます。

行き先が札幌でも沖縄でも往復10,000マイルです。

JALの国内線特典航空券の交換は通常だと往復12,000マイルからの交換なので、一律10,000マイルのおともdeマイル割引は大変お得な設定になっています。

通常の必要マイル数との比較(往復)

路線例通常マイルディスカウントマイルJALカード割引おともdeマイル割引
A区間東京-大阪、大阪-福岡、沖縄-石垣12,00010,0009,50010,000
B区間東京-札幌・福岡・沖縄、大阪-札幌・沖縄、福岡-沖縄・仙台15,00012,00011,50010,000
C区間東京-宮古・石垣、大阪-石垣20,000対象外対象外10,000

いちばん利用する機会がありそうなB区間の場合、ディスカウントマイルJALカード割引よりもお得な設定になっているので、これは大きなメリットです。

便数が少ないので予約するのは難しいとは思いますが、C区間の東京-石垣なんかが予約できたらもの凄くお得ですね。

クラスJも予約できる

クラスJも予約できます。

その際の必要マイル数は、往復クラス J利用時は12,000マイル(+2,000マイル)、片道のみクラス J利用時は11,000マイル(+1,000マイル)になります。

スポンサーリンク

おともdeマイル割引は先得運賃よりも安い!

おともdeマイル割引で一番気になるのは、

同行者の運賃がどのくらいお得なのか?

ということですね。

JAL国内線の割引運賃と言えば「先得」

ほとんどの人が先得で航空券を購入していると思いますので、その先得運賃と比較してお得度を検証してみました。

おともdeマイル割引は搭乗日の2ヶ月前から予約可能となるので、この記事を書いている時点から2ヶ月後となる2019年10月の運賃で比較していきます。

まずは、主要路線の片道運賃をざっくりと比較するとこの様になります。

おともdeマイルと先得運賃の比較
おともdeマイルと先得運賃の比較(片道)

先得の最安値よりは高いですが、最高値よりは安いので、利用する路線や時期によっては先得運賃よりも安くなることが分かります。

先得運賃は路線、搭乗日、便の繁閑によって運賃が異なる仕組みなので、路線と搭乗日が同じでも便ごとに運賃が違います。

その一方でおともdeマイル割引は、搭乗日と路線で運賃が設定されており、便ごとに運賃が変わることはありません。

次に、もう少し具体的な比較をするために2つのケースで運賃を比較してみます。

羽田-那覇の運賃比較(片道)

約2ヶ月後となる10月の金曜日、羽田発の那覇行きの運賃(片道)を比較するとこの様になります。

10月の沖縄はまだ泳げますので、比較的需要が高い路線のケースと想定しました。

おともdeマイルと先得運賃の比較

このケースでは、ほとんどの便において先得運賃よりもおともdeマイル割引の方が安い結果となりました。

さすがに人気のある沖縄路線のなので、需要が高い早い時間帯の便をおともdeマイル割引で予約するのは簡単ではないかも知れませんが、まだ空席がある便もあります。

羽田-鹿児島の運賃比較(片道)

次に、比較的需要が低いと思われるケースとして、同じ日の羽田発の鹿児島行きの運賃(片道)を比較するとこの様になりました。

おともdeマイルと先得運賃の比較

需要が低い路線や時期の先得運賃は安く設定されているので、おともdeマイル割引よりも先得運賃の方が安い結果となりました。

ただし、JMB会員1人分の10,000マイルを無料(現金の持ち出しが無い)と考えることが出来れば航空券代が1人分無料になるので、このケースでもおともdeマイルの方がお得だと言えます。

10,000マイルが無料なら

例えば家族4人で利用する場合、

先得を利用して航空券購入
→ 最安値の10,990×2×4=87,920円

おともdeマイル割引を利用
→ 13,290円×2×3=79,740円

※復路の運賃も同額として計算しています。

2人分をおともdeマイル割引、残りの2人分を先得で予約すればさらにお得になります。

マイラーにとっては現金の持ち出しが少ないほうが嬉しいので、この考え方はありだと思います。

スポンサーリンク

おともdeマイル割引の予約方法

おともdeマイル割引の予約はJALのWebサイトのトップページにある「国内線航空券予約」から行います。

おともdeマイルの予約方法

マイルを使うサービスですが「マイレージ」からは予約できませんのでご注意ください。

空席検索をすると、検索結果として表示される料金の1つとして「おともdeマイル割引」があるので、希望する便を選んで予約します。

おともdeマイルの申し込み方法

利用可能期間

おともdeマイル割引には利用期間の設定があります。

現時点では2019年3月~2020年10月24日が利用期間として設定されており、そのうちの以下の期間が利用不可期間とされています。

<利用不可期間>
2019年8月2日~18日
2019年12月20日~2020年1月5日
2020年8月7日~16日

お盆と年末年始は利用できないということですね。

予約期間

搭乗日の2か月前の9時30分から予約可能となり、搭乗日の4日前の23時59分で予約期間が終了となります。

航空券は予約日当日中に購入(決済)する必要があります。

利用クラス

JMB会員、同行者ともに普通席とクラスJを予約できます。(ファーストクラスの予約は不可)

搭乗日の当日、出発空港で空席があればクラス Jまたはファーストクラスに変更(有料)することもできます。

マイル積算

10,000マイルで搭乗するJMB会員はフライトマイルおよびFLY ONポイント・搭乗回数の積算対象になりません。

同行者はフライトマイル(普通席は75%、クラスJは85%)、FLY ONポイント数、搭乗回数のすべてが積算対象になります。

変更と払い戻し

予約の変更はできません。

キャンセルした場合、JMB会員分の10,000マイルは払い戻しされません。

同行者の航空券は往復とも未使用の場合に限り、払い戻し(手数料430円)できます。

JMB会員がキャンセルした場合、または同行者全員をキャンセルしてJMB会員1名のみになる場合は、全員分がキャンセルになります。

つまり、おとも状態では無くなった場合は強制キャンセルということです。

MEMO
・搭乗する当日の出発空港で出発時に空席がある場合は、予約便より前の同一区間の便に搭乗することができます。(全員での変更が必要)

おともdeマイル割引は利用価値あり!

おともdeマイルのお得度を検証して判明したメリットについて解説しました。

サービス内容が少し分かりにくいせいか、せっかくのメリットが目立っていないのですが、その中身を良く調べてみるとマイラーにとって利用価値が高いサービスであることが分かりました。

使いどころはJMB 会員を含む2〜4名でのグループ旅行になるので、家族旅行やマイルを貯めていない友人や知人との旅行などに役立ちます。

10,000マイルを貯めることは難しくありませんから、マイルを有効に使う手段として覚えておいて損はありません。

関連記事

家族でJALマイルを貯めている人は、JALカード家族プログラムで家族のマイルを合算しましょう!

JALマイルを家族で合算して貯める・特典交換する方法を解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です