9/30まで限定!マイルが稼げるモッピー新規登録で1,000Pプレゼントはこちら!

絶品おすすめ!ハノイで一番美味しいフォーの店「PHO THIN(フォー・ティン)」

こんにちは、MOZUです。

皆さん、ベトナム料理といったら何を思い浮かべますか?

私は真っ先に「フォー」が思い浮かびます。

というか、フォー以外のベトナム料理って何がありますかね?

生春巻きもベトナム料理かな?

実はフォー以外のベトナム料理を良く知らないかも、、、

フォーは日本でも良く知られるベトナム料理なので皆さんも一度くらいは食べたことがあると思いますが、本場のフォーはどんな味なのか気になりませんか?

先日、ベトナムのハノイに行く機会があったので「ハノイで一番美味しいフォーの店」といわれる人気店で本場のフォーを食べてきました。

そのお店で食べた絶品の牛肉フォーが衝撃的に美味しかったのでご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

PHO THIN(フォー・ティン)

フォーティンの店構え

「ハノイで一番美味しいフォーの店」と言われる人気のお店は、

「PHO THIN(フォー・ティン)」

という名のお店です。

ハノイでフォーと言えば牛肉か鶏肉のフォーが主流ですが、ここフォー・ティンでは牛肉のフォー(フォーボー)が食べられます。

「PHO THIN」の看板とスープを煮ている大きな寸胴が目を引く印象的な店構えです。

店先の厨房では、寸胴でスープを煮込むおじさんとスープをどんぶりに注ぐおばさんの2人が慌しく動いて、次から次へと美味しそうなフォーを作っていました。

フォーティンの厨房の様子

メニューは牛肉のフォー(フォーボー)のみで、1杯60,000ドン、日本円にして約300円です。

メニューはフォーボーのみ

ハノイの一般的なフォーの値段は20,000~30,000ドンなので60,000ドンはかなり強気のお値段です。

それでもたくさんの人が食べにくるのですから、他には真似できない美味しさなのでしょう。

注文方法

注文は、厨房の横でフォーとトッピングの数量を伝えてお金を払います。

ベトナム語が分からなくても大丈夫です。

フォーの数量は「ワン」とか「ツー」とか英語で言いながら指で示せばOKですし、トッピングも指差しで数量を伝えれば問題なく注文できます。

メニュー

  • フォー 60,000ドン
  • 揚げパン(クアイ) 5,000ドン
  • 生卵(チュンガー) 5,000ドン

揚げパンはフォーには欠かせない定番トッピングなのでぜひ注文することをおすすめします。

生卵のトッピングも美味しそうでしたが、外国で生卵を食べる勇気は無いので止めておきました。

注文と会計を済ませたら席に座ってフォーを待ちます。

スポンサーリンク

店内の様子

お昼どきだったこともあって、厨房の奥にあるテーブル席は満席でした。

フォーティン店内の様子1

観光客らしき外国人の姿もありますが、ほとんどが現地の人なので、本場で認められている確かな「味」であることが伺えます。

さすがはハノイで一番美味しいと言われるお店です。

厨房の奥が満席の場合は2軒ほど離れたところにある別館?に案内され、そこで食べることになります。

フォーティンの別館

この別館にも収まりきらずに歩道にまでテーブルと椅子を並べているんですから、本当に凄い人気ぶりです。

それにしてもテーブルと椅子がとても低いんですよね。

椅子なんて子供用かと思うくらいですが、ハノイの街ではこんな食堂を良く見かけます。

フォーティン店内の様子2

日本の食堂と比べるとお世辞にも綺麗とは言えませんが、まぁ、我慢できないほどではありません。

このように現地の人たちに混ざって、現地の習慣を体験するのも外国に行った時の醍醐味だと思います。

スポンサーリンク

牛肉のフォー(フォーボー)

席についてから5分も待たずに美味しそうなフォーが運ばれてきました♪

どうですか、この見た目は?

見た目からして美味しそうですよね!

フォーティンのフォー

麺がまったく見えないくらいにどっさりとのっている緑色はアサツキ(ネギ)とパクチーです。

パクチーが苦手な人はちょっと心配かもしれませんが安心してください、ほとんどアサツキでパクチーは少なめですから、恐らくパクチーが苦手な人でも美味しくいただけると思います。

たっぷりと入っている牛肉は臭みもまったくありません。

このフォーの美味しさの秘密は、出汁が効いたコクと旨味がしっかりしている絶品スープにあります。

日本で食べるフォーはどちらかというとヘルシーであっさりしたイメージですが、このフォーはあっさりの中にしっかりとしたコクがあるので食べ応えがあります。

まずは何も加えずにスープの美味しさを味わい、

食べ進めながらトッピングの揚げパンをスープに浸し、

ライムや調味料を加えて色々と味を変えながら食べるのがおすすめです。

テーブルにある3つの調味料は、

赤茶色いのはチリソースでタバスコのような辛味、

半透明の液体は酢にニンニクと唐辛子が入ったもの、

醤油のようなものはヌクマムという魚醤です。

フォーティンの調味料

「この調味料、、、お腹大丈夫かな、、、」

と心配する人もいるかもしれませんが、私は2回食べてお腹を壊すことはありませんでしたよ。

(自己責任でお願いします。)

ハノイに行ったら必ず食べる!

ハノイにはたくさんのフォーの店がありますが、その味は、あっさりだったり、こってりだったり、美味しかったり、不味かったり、とお店ごとに味がぜんぜん違うそうです。

その中でも、このフォー・ティンは現地の人も足しげく通う人気店で、案内してくれた人も「フォーを食べるなら出来る限りフォー・ティンで食べる」と言っていました。

コクのある濃厚スープと緑鮮やかな大量のアサツキ、牛肉、麺、すべてのバランスが絶妙で衝撃的に美味しいフォーは、ハノイで一番美味しいと言われるのも頷ける納得の味です。

MOZU

私はハノイに行ったら必ず食べると心に決めています!

ベトナムのハノイでフォーを食べるなら「PHO THIN(フォー・ティン」がおすすめです!

フォー・ティンが池袋に出店!なんと、「Pho Thin(フォーティン)」のオーナーから正式に屋号とレシピを譲り受けた2号店「Pho Thin TOKYO」が2019年3月に池袋にオープンしました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です