知らなきゃ損する陸マイラーの世界への入口はこちら

ハワイらしさ満点!シェラトン・ワイキキ「マリア・オーシャンフロント・スイート」宿泊レビュー

ハワイらしさ満点!シェラトン・ワイキキ「マリア・オーシャンフロント・スイート」宿泊レビュー

今年の家族旅行でハワイ・オアフ島に行ったときに泊まった「シェラトン・ワイキキ」の宿泊レビューです。(写真多め)

私たち夫婦は新婚旅行いらいの25年ぶり、娘は初ハワイだったので、奮発して「マリア・オーシャンフロント・スイート」に泊って来ました(^ ^)/

ホテルのいたるところから海とダイアモンドヘッドが見える抜群のロケーションでハワイらしさを存分に感じさせてくれる素晴らしいホテルでした。

ここが良かった!
  • ワイキキど真ん中の便利なアクセス
  • ホテル全体がオーシャンビュー
  • 広くて眺望が素晴らしいスイートルーム
  • 現実逃避できるインフィニティプール
  • 全面リニューアルしたクラブラウンジ

はじめての家族ハワイ旅行だったのでホテル選びはすごく悩みましたがシェラトン・ワイキキにして大正解!

日本人リピーター率No.1の人気ホテルと言われるのも納得です。

スポンサーリンク

ホテル全体がオーシャンビュー「シェラトン・ワイキキ」

シェラトン・ワイキキは、ワイキキの中心部のビーチサイドに立つ人気の大型リゾートホテルです。

シェラトン・ワイキキの外観

ワイキキ最大のショッピングセンター「ロイヤルハワイアンセンター」から直結する便利なロケーションにあり、ホテルの目の前にトロリーの発着所もあるので観光拠点として最高に便利でした。

シェラトン・ワイキキのロケーション地図

フロントやコンシェルジュデスクには日本語対応できるスタッフがいたので英語が分からなくてもあまり困ることは無さそうです。

ホテルの1階にはコンビニのローソンがあるのも便利です。今回はお世話にならずに済みましたが、ホテル内には日本語対応可能な医療クリニックもあるそうです。

そうそう、1階には日焼けスヌーピーで有名な「モニ・ホノルル」もありましたよ。

シェラトン・ワイキキにある「モニ・ホノルル」

シェラトン・ワイキキに泊ってみて一番感動したのが「海が近い!」ということです。

近いというかホテルの目の前が海なんです。砂浜がほとんど無く、本当に直ぐ目の前が海なので、他のどのホテルよりも海に近いと思います。

シェラトン・ワイキキの前に広がる海の写真

これだけ海に近いとホテルのいたるところから海とダイヤモンドヘッドが見えます。見えるというよりも、自然と目に入ってくる、と言った方が正しいくらい見えます!

オーシャンビューの部屋から見えるのはもちろんのこと、

シェラトン・ワイキキのマリア・オーシャンフロント・スイートから見たダイヤモンドヘッドとワイキキビーチの景色

シェラトン・ワイキキ名物のインフィニティ・エッジ・プールからも、

シェラトン・ワイキキのインフィニティ・エッジ・プールからみたダイヤモンドヘッド

30階にあるクラブラウンジからも、

シェラトン・ワイキキのレアヒ・クラブ・ラウンジからみたダイヤモンドヘッド

ホテル内の様々な場所から海とダイヤモンドヘッドが見えるさまは、さながらホテル全体がオーシャンビューと言える素晴らしいロケーションのホテルでした。

ベストレート保証でスイートルームを33%オフで予約

今回の我が家のハワイ旅行は、貯めたJALマイルを使って実現したマイル旅行です。

航空券はマイルを使ってほぼ無料(大人3人で諸費用・手数料の約1.5万円のみ)で発券できたので、そのぶんホテルを奮発してスイートルームを予約しました。

そうは言ってもワイキキ屈指の高級ホテルであるシェラトン・ワイキキのスイートルームを普通に予約したら凄く高いのでベストレート保証を利用して通常よりもお得に予約しています。

ベストレート保証とは、

マリオットの公式ルートで予約した料金よりも安い料金を見つけて申請して承認されると、その料金に合わせたうえでさらに25%割引きをしてくれる制度

です。

私が最初にマリオット公式サイトで予約した料金は740.05ドル/泊でした。

マリオット公式サイトで最初に予約した料金
最初に予約した料金

そして、他の予約サイトで662.15ドル/泊のプランを見つけてベストレート保証を申請して承認された結果、496.61ドル/泊に割引きしてもらえました。

ベストレート保証適用後の料金
ベストレート保証適用後の料金

1泊740.05ドルが496.61ドルになったので33%オフで予約できたことになります。

このベストレート保証は成功すれば大変お得に予約できるテクニックなので、利用したことがない人はぜひ使ってみてください。

関連記事

こちらの記事でマリオットのベストレート保証について詳しく解説しています。

マリオットベストレート保証でハワイのスイートルームを格安で予約!

ゴールドエリートでもアップグレードされるのか?

私はSPGアメックスカードを持っているのでマリオットグループの会員サービス「マリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy)」のゴールドエリートになっています。

ゴールドエリートになるとマリオット系列のホテルで以下のような特典があります。

  • 部屋のアップグレード
  • レイトチェックアウト
  • 宿泊時のボーナスポイント加算

マリオット系列であるシェラトン・ワイキキでもこれらの特典が期待できるのですが、今回はスイートルームを予約しているので部屋のアップグレードは絶望的です。

なぜなら、スイートルームへのアップグレード特典があるのはプラチナエリート以上なのでゴールドエリートでは原則としてスイートルームのアップグレードはあり得ないのです。

そんなわけで今回は部屋のアップグレードは期待できませんが、チェックインの3日前にシェラトン・ワイキキからこんなメールが送られてきました。

Aloha もず様,
この度は、シェラトンワイキキをお選びいただき誠にありがとうございます。
ご愛顧頂いておりますMarriott Bonvoy Gold Eliteメンバーの皆様にとって快適で心に残るご滞在を提供できるよう日々努めております。
ハワイではお楽しみ頂けることが沢山あり、少しでもお手伝いをさせていただきたいのでご予定をお聞かせ下さい。
・どなたとご一緒にいらっしゃいますか?
・どのような目的でご滞在ですか?
・ご到着時間は何時ですか?
お客様の返信をお待ちしております。

せっかくなので、アーリーチェックインと高層階や眺めの良い部屋へのアップグレードのリクエストに加えて、今回の滞在が私たち夫婦の結婚25周年と娘の誕生日祝いを兼ねた家族旅行であることを伝えたところ、以下のような返事をもらいました。

もず様
ご返信ありがとうございます。
ご希望のお部屋のアップグレードとアーリーチェックインに関しましては予約に反映致しました。
恐縮ではございますが、ご滞在期間中は稼働率が高く確約ではございません。
しかし、もず様の結婚25周年記念とお誕生日ご滞在が素晴らしいものとなるよう精一杯努めさせて頂きます。
アーリーチェックインが不可能であった際は、フロント横のベルデスクにてお荷物をお預かりすることも可能でございます。
宜しくお願い致します。
もず様のBonvoy Gold 会員としてのロイヤリティに感謝申し上げます。 

前半で泊まったシェラトン・プリンセス・ワイキキでの超絶10段階アップグレードを経験した後だったので、すっかりその味をしめた私の心は高鳴りましたw

「これはひょっとすると、」

「ひとつ上のオハナ・スイートとかにアップグレードあるかも!?」

「いや、それは無いにしても高層階にはしてくれるんじゃないか?」

などと妄想を膨らませながチェックインを済ませてアサインされたのは、

マリア・オーシャンフロント・スイートの「1543」

シェラトン・ワイキキは31階建てなので15階だと中層階ですね。

はい、なにひとつアップグレードはありませんでした。カードキーケースにも「UP GRADED」の文字はありません。

まぁ、これが普通ですよね。ゴールドエリートですから。

やはりシェラトン・プリンセス・カイウラニのアップグレードが特別すぎたのです。

でも、もう少し高層階にアサインしてくれても良いんじゃないか?なんて思いながらエレベーターに乗って1543に向かいました(^ ^;)

マリア・オーシャンフロント・スイート

残念ながらアップグレードはありませんでしたが、はじめて泊まるスイートルームはどんな部屋なのかとても楽しみです。

私たちが泊まった「マリア・オーシャンフロント・スイート」は、建物のダイヤモンドヘッド側に位置しているスイートルームです。

シェラトン・ワイキキのマリア・オーシャンフロント・スイートの位置を示す図

建物の中央にあるエレベーターホールからも比較的近いところにあったので便利でした。

部屋の間取りはリビング、主寝室、バスルームからなるスイートルームで広さは約81㎡。リビングにある収納式ベッドとエキストラベッドを利用すれば最大5人まで泊まれます。

シェラトン・ワイキキのマリア・オーシャンフロント・スイートの間取図

リビングと主寝室にあるラナイからはダイヤモンドヘッドを望むハワイらしい眺望が約束されます。

この部屋の広さとダイヤモンドヘッドが見える眺望に魅力を感じてこの部屋を予約しました。

部屋の入り口には「MALIA」の文字があり、他のお部屋とはちょっと雰囲気がちがいます。

シェラトン・ワイキキのマリア・オーシャンフロント・スイートの入り口ドア

ドアを開けて部屋に入ると、まずは玄関のような広めのスペースがあり、その右手にリビング、左手に主寝室とバスルームという配置です。

シェラトン・ワイキキのマリア・オーシャンフロント・スイートに入った様子

広々としたリビングには大型テレビにソファーとテーブル、ダイニングセットが置かれ、カーテンの奥にメインのラナイがあります。

家具などの調度品はシックで温かみのある色合いで統一されており、落ち着いた雰囲気でした。

シェラトン・ワイキキのマリア・オーシャンフロント・スイートのリビング

ラナイからはダイヤモンドヘッドと青い海がバッチリ見えました!

15階でも十分に素晴らしい眺望です。お隣のロイヤルハワイアンのピンクパレスも視界に入る「The ワイキキ」と言える景色に感動です。

シェラトン・ワイキキのマリア・オーシャンフロント・スイートのラナイから見たダイヤモンドヘッドとワイキキビーチ

夜景だってこの通り、最高です!

シェラトン・ワイキキのマリア・オーシャンフロント・スイートのラナイから見たワイキキの夜景

ラナイに出なくても部屋の中からダイヤモンドヘッドが見えちゃう素晴らしいロケーションです。

シェラトン・ワイキキのマリア・オーシャンフロント・スイートのリビングから見たダイヤモンドヘッド

リビングには収納式のダブルベッドがあり、その横がデスクスペースになっています。

寝室とは別にこれだけ広いリビングがあると快適ですね。ソファーやベッドにゴロゴロしながら家族それぞれ思い思いにくつろいで過ごせました。

シェラトン・ワイキキのマリア・オーシャンフロント・スイートのリビング

リビングから玄関に戻り、ドアから入った正面にある主寝室に行ってみましょう。

シェラトン・ワイキキのマリア・オーシャンフロント・スイートの主寝室の入り口

主寝室にはキングサイズのベッドが1台設置されていました。このベッドはシェラトンホテル向けに独自開発された「シェラトン・シグネチャー・スリープ・エクスペリエンス」というベッドで、なかなか寝心地が良かったです。

シェラトン・ワイキキのマリア・オーシャンフロント・スイートの主寝室のベッド

主寝室にも小さなラナイがあり、もちろんここからも青い海とダイヤモンドヘッドが見えます。

主寝室にも大型テレビが設置されています。妻は夜な夜なこの部屋にこもってはYoutubeでK-POP三昧の日々を過ごしていました(^ ^)

シェラトン・ワイキキのマリア・オーシャンフロント・スイートの主寝室の大型テレビ

主寝室を出て右手に行くと大きなバスルームがあります。このバスルームが本当に広くて驚きですよ。

シェラトン・ワイキキのマリア・オーシャンフロント・スイートのバスルームの入り口

洗面台の前にこれだけ広いスペースとクローゼットがあるので、大人3人が同時に朝の準備をしても余裕です。

シェラトン・ワイキキのマリア・オーシャンフロント・スイートのクローゼット

水着に着替えたり、濡れた水着を吊るして干したりするのにも便利でした。

洗面台スペースには大きな鏡と洗面ボウルが2つずつあります。2台ある洗面ボウルの間のスペースがとても広いので、洗面用具や化粧道具などの置き場に困ることも無く快適でした。

シェラトン・ワイキキのマリア・オーシャンフロント・スイートの洗面台

洗面台の奥にお風呂とトイレがあります。

お風呂とトイレの手前に鏡とチェストがあり、電子ケトルとコーヒーメーカーが置いてありました。お風呂に入るときにこのチェストに着替えを入れておけるので意外と便利でした。

シェラトン・ワイキキのマリア・オーシャンフロント・スイートのバスルーム

お風呂とトイレはいたって普通ですがウォシュレットが付いているのは嬉しいですね。欲を言えば、これだけ広い部屋なのですからお風呂とトイレが別だったら良かったのにと思います。

シェラトン・ワイキキのマリア・オーシャンフロント・スイートのお風呂とトイレ

全体的に古さを感じるものの、部屋の広さ、ラナイからの眺めなど総じて期待通りの部屋だったので大満足でした。

スイートルームなので決して安い料金ではありませんが、立地と部屋の広さを考えればワイキキのスイートルームとしては比較的お手頃な料金じゃないかと思います。

スポンサーリンク

インフィニティ・エッジ・プールで現実逃避

シェラトン・ワイキキと言えば、インフィニティ・エッジ・プールが有名ですね。

どうですか?プールの水面がまるで海とつながっているかのように見えますよね!

シェラトン・ワイキキのインフィニティ・エッジ・プール

海とつながった無限の広がりを感じられるから「インフィニティ」というわけです。

黄色いフロートは空いていれば無料で自由に使えます。ビーズクッションのような物なので体に良くフィットして気持ち良くプカプカできるんです。これに体をあずけて水面を漂っているとあっという間に非現実的な世界にワープしちゃいますよ(^ ^)

こんな感じでハワイの青い空を見上げながらプカプカ浮かんでいると、

シェラトン・ワイキキのインフィニティ・エッジ・プールで浮いている写真

「あーーーハワイに来て本当に良かったなぁ」

と感動ひとしおです。

インフィニティ・エッジ・プールからシェラトン・ワイキキの建物を見上げた写真

インフィニティ・エッジ・プールは16歳以上のみが利用できる大人専用のプールとされており、そのお陰で喧騒とは無縁の落ち着いた雰囲気が保たれているのも良いですね。

お子様連れのファミリーも心配はありません。建物を挟んだ別のエリアにお子様も楽しめる「ヘルモア・プレイグラウンド」という楽しいプールがあります。

こちらにはウォータースライダーや噴水が出る岩場、ジャグジーがあるのでお子様連れのファミリーが楽しそうに遊んでいました。

大人のエリアとファミリー向けのエリアを上手に分けて、どちらの客層も満足できる様に設計されていることに関心しました。

夜になると部屋のラナイからライトアップされたプールがとても綺麗に見えます。暗闇に浮かび上がる水面のブルーがとても幻想的でした。

夜にライトアップされたシェラトン・ワイキキのヘルモア・プレイグラウンドプール

全面リニューアルしたレアヒ・クラブ・ラウンジ

今回はクラブラウンジへのアクセスが付いたスイートルームに宿泊したので、シェラトン・ワイキキのクラブラウンジ「レアヒ・クラブ・ラウンジ」を利用しました。

シェラトン・ワイキキのレアヒ・クラブ・ラウンジの入り口

ラウンジがリニューアル中との事前情報があったので利用できるのか心配でしたが、2019年10月25日にリニューアルを終えて再開していました。良かった(^ ^)v

「レアヒ」はダイヤモンドヘッドのハワイ名だそうで、その名の通り、30階に位置するラウンジからはダイヤモンドヘッドがバッチリ見えます。

ラウンジに入るといきなりこんな素敵な景色が目に飛び込んできました。

シェラトン・ワイキキのレアヒ・クラブ・ラウンジからみたダイヤモンドヘッド

ダイヤモンドヘッドの反対側の窓は西向きなので日が落ちる夕方にはサンセットの美しい景色が楽しめます。

シェラトン・ワイキキのレアヒ・クラブ・ラウンジから見たサンセット

金曜日の夜にはヒルトンハワイアンビレッジの花火も見えるそうですが、残念ながら滞在中にそのチャンスはありませんでした。

ラウンジ営業時間

営業時間 AM6:00~PM8:00

朝食(コンチネンタル・ブレックファースト) AM6:00~AM10:00

軽食(カクテルタイム) PM4:00~PM8:00

営業時間のうち、朝食と軽食の時間帯には食事メニューが提供されます。それ以外の時間帯はソフトドリンクくらいは飲めるのかな?利用しなかったので分かりません。

レアヒ・クラブ・ラウンジ内の様子

ラウンジ内はとても広々としており、テーブル席や窓際のカウンター席、ソファー席など色々なタイプの座席がたくさんあります。

私たちが滞在したのは11月中旬でしたが混雑して席が空いていないということは無く、滞在中は終始とても快適に利用できました。

私は初めて利用するのでリニューアル前後の比較はできませんが、ネットで見ていた写真と比べると壁紙や絨毯の色が変わったことで全体的に明るい雰囲気になったように思います。

窓際にあったこちらのソファー席が気に入ったので、ここで毎日、ダイヤモンドヘッドと海を眺めながら朝食を食べました。

シェラトン・ワイキキのレアヒ・クラブ・ラウンジのソファー席

スポンサーリンク

朝食(コンチネンタル・ブレックファースト)

朝の6:00~10:00は朝食の時間となっており、コンチネンタル・ブレックファーストが提供されます。

コンチネンタル・ブレックファーストとされていますが、保温された卵料理やソーセージ、ポテトなどがありました。

コーヒーマシンとは別にポットに入ったコナコーヒーがあるのも嬉しいですね。テイクアウト用の紙コップと蓋もあるので、食後のコーヒーを部屋に持ち帰ってゆっくり飲むこともできます。

パンのコーナーにはパンケーキが自動で作れるマシンがあります。恐らくこのマシンはリニューアルで導入されたものだと思われます。

OKボタンを押すとマシンが動き出し、1分くらいで2枚のパンケーキが焼きあがります。焼きたてなのでけっこう美味しかったですよ(^ ^)

コーヒーマシン、紅茶などのティーバッグ、フレッシュジュース、牛乳、豆乳などドリンク類も豊富です。

我が家の場合、家族3人とも朝食は軽めなので十分に満足できる品揃えでした。

朝の6:00から営業しているので、早起きして出かける時にも手早く朝食を済ませられますし、家族それぞれ好きなタイミングで食べに行けるのも便利でした。

軽食(カクテルタイム)

夕方の16:00~20:00はアルコール飲料と軽い食事メニューが提供されるカクテルタイムになります。

お酒が無料で飲めるカクテルタイムこそがホテルラウンジの醍醐味ですよね。私はこれが楽しみでした。

アルコール飲料はワインとビールのみでウイスキーやラムなどのスピリッツ系はありませんでした。

シェラトン・ワイキキのレアヒ・クラブ・ラウンジのアルコール類

ワインは赤と白とロゼの3種類で、残念ながらスパークリングワインは無し。

ビールはコナビールの「LONGBOARD」と「BIGWAVE」のボトルが氷で冷やされています。リニューアル前にあった生ビールサーバーは無くなってしまったようです。

温かい料理は3種類+枝豆があり、メニューは日ごとに変わっていました。枝豆は毎日あるようです。

スープも日替わり。1日目は野菜がゴロゴロ入ったコンソメ風、2日目はホウレンソウのクリームスープでした。

シェラトン・ワイキキのレアヒ・クラブ・ラウンジのスープ

チーズやクラッカー、ラスク、ハム、といったワインに合うオードブル系が充実していますので、酒の肴には困りません。

食後のデザートになるケーキやクッキーもあります。ケーキをちょっと味見しましたが美味しかったです。

シェラトン・ワイキキにチェックインした日はドライブからの戻りが遅くなって疲れていたので夕食をラウンジで済ませました。

シェラトン・ワイキキのレアヒ・クラブ・ラウンジのカクテルタイムに食べた軽食

ひと通り取るとこんな感じになるので、お酒を飲みながら軽く夕食を済ませるくらいならこと足りる品揃えだと思います。

(2日間で撮影した写真を混ぜて掲載しているため、上で紹介した料理とテーブルに乗っている料理が一致しておりません。)

シェラトン・ワイキキはハワイらしさ満点のおすすめホテル!

ハワイ旅行のホテル選びはずいぶん悩みましたが、悩みに悩んでシェラトン・ワイキキを選んで大正解でした。

シェラトン・ワイキキはハワイらしさ満点のおすすめホテル!

なんと言っても、ホテルのいたるところから海とダイヤモンドヘッドが見えるロケーションが最高すぎました!

そして、我が家にとっては大奮発の料金でしたが思い切ってスイートルームにして良かったです。ハワイらしい素敵な景色を眺めながら広々とした豪華な部屋で過ごした時間は家族との良い思い出になりました。

戻れるものならインフィニティ・エッジ・プールでプカプカしていたあの至福の時に戻りたい・・・

ハワイらしさを存分に味わえるホテルをお探しならシェラトン・ワイキキがおすすめです。ワイキキのホテル選びに迷った時もシェラトン・ワイキキにしておけば後悔は無いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です