モッピー新規登録でもれなく最大1,300ポイントもらえる大チャンスはこちら!

陸マイラーがポイントサイトFX口座開設案件のやり方を完全解説。もう怖くない安心大量マイル獲得!!

こんにちは、MOZUです。

ポイントサイトで手っ取り早く大量のポイント=マイルを獲得できるのは、

「クレジットカードの新規発行」か「FXの口座開設&取引」

です。

陸マイラーとなってポイントサイトを利用するようになると、獲得ポイントが多いこの2つの広告案件はとても魅力的で興味をそそられます。

クレジットカードの新規発行なら、ほとんどの人がこれまでにも経験があることでしょうから、抵抗なく実践することが出来ているんじゃないでしょうか?

その一方で、

「FXはリスクが高そうで抵抗がある、興味があっても手を出せない」

と尻込みをしていませんか?

確かに、FX取引にはリスクが伴いますので、その考えはあながち間違いではありません。

でも、陸マイラーがポイントサイトを経由してFXをやる目的は

ポイントを獲得すること

ですから、

その目的を見失わずに、

やり方さえ間違わなければ、ほぼリスクが無く大量のポイントを獲得することが出来ます。

このページでは、陸マイラーがポイントサイトのFX案件をこなすために知っておきたいFXの基本や、FX案件のポイント獲得条件の見方、おすすめ案件の紹介など、

ポイントサイトのFX案件のやり方を完全解説

しています。

大量のマイル獲得を狙う陸マイラーなら、FX案件は確実にこなしておきたいところです。

是非、このページの解説をじっくりとお読みいただいて、チャレンジしてください。

この記事を読み終わるころには、あなたのFX案件に対する不安や恐怖心は無くなっているはずです!

注意

FXで発生するリスクは自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク

FXの基本

まずは、ポイントサイトのFX案件をこなすために知っておきたいFXの基本的なことを理解しておきましょう。

あくまでポイントサイトのFX案件でポイントを獲得する事が目的なので、難しいことは抜きにして、FXの代表的な用語の解説程度ですので、ご安心ください。

まずは、ポイントサイトのFX案件がどういうものなのかをハピタスの「DMM FX」を例に見てみましょう。

ハピタスのDMM FX

この案件では、DMM FXの口座開設+取引で4,000ptを獲得することが出来ます。

ポイントを獲得するための条件は、

新規口座開設+申込日から60日以内に初回一括5万円入金、新規1lot以上取引完了

となっていますが、FXの知識が全く無い状態では、このポイント獲得条件の意味が良く分からないと思います。

例えば、ここで出てくる「1lot」という用語は、FXをやったことがない人にとっては聞きなれない言葉ですよね?

このように、ポイント獲得条件を読んでもその意味がはっきり理解できないのは不安なので、FX案件を敬遠している人が多いのだろうと思います。

意味が良く分からないのに手を出してしまうのは危険な行為なので、その判断は間違いではありません。

ポイント獲得の条件を正確に理解するためにも、FXの基本的な知識と用語くらいは理解をしておく必要があります。

FXとは?

まずは、そもそもFXってなんなのか?

FXは「Foreign Exchange」の略で、為替差益(利益)を得ることを目的に外国通貨を売買する取引のことです。

FXでは、色々な通貨の組み合わせで取引が行われますが、一番身近なのは日本円とアメリカドルの取引でしょう。

例えば、「日本円からアメリカドルに両替(ドルを買う)をして、その後しばらくして、両替したアメリカドルを日本円に両替(ドルを売る)する」と言う取引です。

その際に、最初にアメリカドルに両替(ドルを買う)をした時よりも円安になった時点で日本円に両替(ドルを売る)ができれば、為替差益(利益)を得られるわけです。

FXの取引

FX取引は、FX取引を仲介するFX会社に口座を開設して行います。

そのFX会社が、ポイントサイトの案件となっている「DMM FX」や「SBI FXトレード」などです。

FXの用語

次に、FXで使われる主な用語を見ていきましょう。

ここでは、ポイントサイトのFX案件をこなすために必要となる用語に絞って説明します。

覚えておきたい用語は、

  • lot
  • ポジション
  • スプレッド
  • レバレッジ

この4つです。

これを理解しておけば、ポイントサイトのFX案件をこなすには十分だと思います。

lot

ポイント獲得の条件にも出てくる「lot」は、FX取引の取引単位を指します。

円とドルで取引をする場合は1lot=1万通貨です。
1万通貨なので1ドル=100円の場合は、1lot=100万円の取引になります。

FX会社や取引する通貨の組み合わせによっては1lot=1,000通貨などの場合もありますが、1lot=10,000通貨と覚えておいて大よそ問題ありません。

多くのFX会社では円ドル取引の最低単位は1lot=10,000通貨になっています。

ポジション

ポジションは外貨の持ち高(残高)のことを指します。

外貨を買っている状態を「買いポジション」、売っている状態を「売りポジション」と言い、そのポジションを決済(手放す)することで1取引が完了します。

FXの特徴の1つとして、通貨を「買ってから売る」取引と「売ってから買い戻す」取引があります。

買いポジションと売りポジション

「ドル円の為替取引で儲ける」と聞くと、円高の時にドルを買い、円安になったらドルを売って為替差益を得ること(買いポジションから始まる取引)をイメージすると思いますが、FXでは、円安の時にドルを売り、円高になったら買い戻す、という取引(売りポジションから始まる取引)もできるのです。

為替の動きが、

円安傾向に進んでいるなら「買いポジションで入って、円安が進むのを待つ」

円高傾向に進んでいるなら「売りポジションで入って、円高が進むのを待つ」

ということです。

FX取引は、

  1. ポジション(買いor売り)を持って
  2. その後に、そのポジションを決済(売りor買い)する

これで1取引が完了します。

ポジションを持っている間に為替が変動することで為替差損が発生=リスクが高まるのので、

ポイント獲得目的の取引ではポジションを即座に決済するのが鉄則

です。

スプレッド

スプレッドは、平たく言うとFX会社の手数料で、これがFX会社の利益になります。

スプレッドはFX会社の手数料

DMM FXの場合だと、ドル円取引で1通貨あたり0.3銭(0.003円)のスプレッド(手数料)を取られます。

客寄せのために「業界最狭(手数料が安い)」といった感じで、FX会社同士で競争していたりします。

FX会社が提供している売値(Bid)の為替レートと買値(Ask)の為替レートの差がスプレッドになっています。

買値と売値の差がスプレッド

従って、全く値動きせずに1取引が完了したとしても、このスプレッド分だけはマイナス(赤字)になるのです。

1通貨あたり0.3銭(0.003円)のスプレッドなら、1lot=10,000通貨の取引で僅か30円です。

ポイント獲得を目的にポジションを即座に決済すれば、FX取引による損失はこのスプレッド分程度とも言えます。

もちろん、ポジションを決済するまでの瞬間にも為替が変動するので、それによる損益差も発生しますが、それは微々たるもので誤差の範囲と言えるレベルです。

つまり、

1lot=10,000通貨の取引がポイント獲得の条件で、スプレッドが0.3銭の場合、

30円前後のリスクだけで、数千ポイント(例としているDMM FXなら4,000ポイント、4,000円相当)を獲得できる

という事になります。

この事が理解できれば、ポイント獲得を目的としたFX取引がほとんどリスクが無いことが分かると思います。

レバレッジ

レバレッジは「テコの原理」を意味する言葉で、FXでは「小さな金額でより大きな金額の取引が出来ること」を意味します。

このレバレッジを使うことで、元手となる資金の何倍もの金額の外貨を取引することが出来ます。

多くのFX会社ではレバレッジは25倍に設定されています。

元手となる資金が5万円だったとします。

普通なら、5万円分の取引しかできないはずですが、25倍のレバレッジをかけると、取引できる金額が5万円の25倍で125万円になるのです。

ここで、例にしているDMM FX案件のポイント獲得条件で考えてみましょう。

新規口座開設+申込日から60日以内に初回一括5万円入金、新規1lot以上取引完了

となっています。

1lot=10,000通貨なので1ドル=100円とした場合、1lotの取引に必要な資金は10,000ド×100円=100万円です。

ポイント獲得条件の初回入金5万円では足りませんね?

でも、25倍のレバレッジによって5万円×25倍=125万円まで取引ができるので、1lot=100万円の取引が可能になります。

つまり、

1lotを取引できる初回入金額が条件に設定されている

というわけです。

レバレッジによって少ない資金でも大きな取引量を扱えるようになり、大きな利益を狙えるのがFXの醍醐味とも言えますが、その反面、損失を負うリスクも大きくなります。

ポイント獲得目的の取引ではリスクを最低限にするためにポジションを即座に決済することが鉄則です。

ポイント獲得条件の見方

ここでもう一度、先ほどのDMM FXのポイント獲得条件を見てみましょう。

新規口座開設+申込日から60日以内に初回一括5万円入金、新規1lot以上取引完了

ここまでに説明したFXの基本をおさえておけば、

  1. DMM FXに新規で口座を開設して
  2. 指定された5万円を初回に一括入金し、
  3. 新規で1lot(円ドルなら1万通貨)以上の取引を完了する

という条件であることが理解できると思います。

「新規口座開設」

「指定された金額を入金」

「指定された量の取引を完了」

ほとんどのFX案件では、この3つがポイント獲得の条件になっています。

案件によって条件として指定される初回入金の額や取引量に違いがあるので、FX案件のポイント獲得条件を確認する際にはその点を注意して確認することが重要になってきます。

FX案件のやり方

ここまで読み進めてもらえば、ポイント獲得目的のFX取引ならほとんどリスクが無いことをイメージ出来てきたのではないでしょうか?

そして、ポイントサイトのFX案件が数十円~数百円程度のコスト(リスク)で数千ポイントを獲得できるとても効率の良い案件に見えてきませんか?

次は、陸マイラーとして出来るだけリスクを回避するFX案件のやり方を説明します。

スポンサーリンク

ポイント獲得目的に徹する

陸マイラーがFX案件をやる目的はポイント獲得です。

出来るだけリスクを回避してFX案件をこなすには、その目的に徹することが鉄則です。

「せっかくFXをやるなら、ちょっとくらいは儲けたいな」

などと欲をかくのは厳禁です。

そのような欲は完全に捨てて、ポイントの獲得だけに徹しましょう。

具体的に気を付けることは、この3つ。

リスク回避の鉄則
  • ポイント獲得条件が「なるべく少ない取引量」になっている条件を選ぶ
  • ポジションは即座に決済し、指定された取引量を短時間に素早く、確実にこなす
  • FXで儲けようとしない

この3つをしっかりと守れば、大きな損失を負ってしまうことは、ほぼ無いはずです。

条件の緩い案件を選んでリスク回避

ポイントサイトで検索をするとたくさんのFX広告が出てきます。

どのFX案件も獲得できるポイントが多くて魅力的ですが、初回に入金する資金額や、条件とする取引量などがそれぞれ違いますので、注意深く条件を確認するようにしてください。

なるべく少ない取引量がポイント獲得の条件になっている案件を選べば、その分リスクを回避することが出来ます。

ここで、ハピタスの2つのFX案件「外為オンライン」と「SBI FX トレード」を例に、それぞれ、ポイント獲得の条件がどう違うのかを見てみましょう。

外為オンライン

こちらは「外為オンライン」というFX会社の案件で、ポイント獲得条件は以下の通りです。

外為オンライン

ポイント獲得条件

お申込みから60日以内に初回入金10万以上、新規100万通貨以上のお取引完了

新規で口座開設をしたら、まずは10万円以上を入金し、その後に100万通貨の取引を完了するという条件です。

ドル円取引の場合は10,000通貨=1lotなので、1lot単位の取引を100回やる必要があるので、これは結構手間がかかるケースです。

1lot=10,000通貨なので1ドル=100円とすると、1,000,000円の取引を100回ということです。

手間もかかりますが取引をする回数が多いのでその分リスクも増えます。

SBI FX トレード

もう一つは「SBI FX トレード」というFX会社の案件で、ポイント獲得条件は以下の通りです。

SBI FX トレード

ポイント獲得条件

新規口座開設申込み後、90日以内に1万円以上の入金、及び1通貨以上の取引を完了

新規で口座開設をしたら、まずは1万円以上を入金し、その後に1通貨の取引を完了するという条件です。

条件となっている取引量は「1通貨」です。

ドル円取引なら1ドルの取引を1回やれば条件完了です。1ドル=100円なら100円の取引を1回ってことです。

先に見た「外為オンライン」に比べるとポイント獲得の条件になっている取引量がとても少ないですよね。

今回は分りやすい様に極端な例で比べてみましたが、この様に同じFX案件でも条件に違いがあるのです。

出来るだけリスクを回避するには少ない取引量がポイント獲得条件になっているFX案件を選ぶと良いでしょう。

ここで例とした「SBI FX トレード」は、FX案件のなかでも極めて条件となる取引量が少ない案件なので、陸マイラーには一番人気のFX案件です。

初めてFX案件をやるなら、まずはこの「SBI FX トレード」からやってみるのがおすすめです。

SBI FX トレードの他には、説明の中でも登場している「DMM.com証券(DMM FX)」や「外為ジャパンFX」も人気があります。

DMM FX

外為ジャパンFX

この2つは、ポイント獲得条件の取引量が「1lot」で、もらえるポイントが比較的多い案件なので、陸マイラーに人気があります。

まずは、この3つの案件からチャレンジしてFX案件に慣れるのが良いでしょう。

注意

ポイント獲得条件は日々変化していきますので、案件を利用する時には事前に良く確認してください。

2018年11月現在、SBI FXトレード案件のポイント獲得条件は「30日以内に新規注文で合計20万通貨以上のお取引完了」となっています。

ポイント増量している時を狙おう

ポイントサイトでは、広告案件でもらえるポイントを増量するキャンペーンを実施していることがあります。

ポイント増量を狙おう

例えば、このハピタスのSBI FX トレードでは、通常5,000ポイントのところを限定で10,100ポイントに増量していました。

どうせ同じ広告案件をやるなら、この様にポイントが増量されている時を狙いましょう!

ハピタスには「みんな de ポイント」「ハピタスセレクション」というポイント増量案件をピックアップしたコーナーがありますので、そこを定期的にチェックしておけばポイントが増量された時を狙って利用することが出来ます。

ハピタスは、ポイントを貯めやすい=マイルを貯めやすい当ブログでも一押しのポイントサイトです。

私もハピタスをメインにポイントを貯めてJALマイルに交換しています。

まだハピタスに登録をしていない人は、こちらのバナーから登録すると30ポイントもらえます。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

こちらの記事でハピタスについて詳細に解説していますので、こちらの記事にも是非お立ち寄りください。

どうしてハピタスなのか? 1年で30万マイル貯めた陸マイラーがJALマイルの貯め方、メリット、完全攻略法を徹底解説!

FX取引の流れ

ここからは、DMM FXを例に、実際のFX取引の流れを説明します。

出来るだけリスクを回避するやり方のポイントは、

リスク回避の鉄則
  • ポイント獲得条件が「なるべく少ない取引量」になっている条件を選ぶ
  • ポジションは即座に決済し、指定された取引量を短時間に素早く、確実にこなす
  • FXで儲けようとしない

この3つです。

この点に注意して、実際の取引を完了しましょう。

口座開設

まずはポイントサイトで利用するFX案件のポイント獲得条件を確認してから、口座開設の手続きをします。

ここでは、ハピタスのDMM FXを例に見てみましょう。

ハピタスのDMM FX案件

「ポイント獲得条件」だけでは無く「ポイント却下条件」にも全て目を通すようにしてください。

この案件で、特に注意すべきところに赤線を引いてみました。

まず、ポイント獲得条件は、

新規口座開設+申込日から60日以内に初回一括5万円入金、新規1lot以上取引完了

となっています。

これについては、ここまでの説明を読んでいただいていれば、大丈夫ですね。

その他に、特に注意しておきたいところは次の点だと思います。

  • 1lotの取引は口座開設から60日以内に済ませる
  • ポイントが付与されるまでは全額出金処理、口座解約をしてはいけない
  • 同一世帯からの複数申込みはポイント対象外
  • 同一IPアドレス、同一のパソコン、スマホからの複数申込みはポイント対象外

FX案件に限ったことではありませんが、ポイントサイトの広告案件を利用する時にはポイント獲得の条件を良く確認してから利用してください。

条件を良く確認したら、ポイントサイト経由(ハピタスの場合は「ポイントを貯める」をクリック)でFX会社の申込みページに行ってFX口座解説の手続きをします。

口座開設手続きは、必要事項の入力と身分証明書のアップロードなど、クレジットカードの申込みとほぼ変わらない内容で簡単に完了できます。

口座開設申込みを完了してから1週間くらいでFX会社からログインIDとパスワードを知らせる郵便が届きます。

ログインIDとPWが郵便で届く

これで、ポイント獲得条件の一つである「新規口座開設」をクリアです。

スポンサーリンク

ログインから入金

ここからは、口座開設したFX会社のWebサイトにアクセスして取引をします。

ここでは、DMM FXのスマホアプリ画面を例に説明しています。

スマホでDMM FXのアプリを起動すると、ローラさんがいらっしゃいますw

「ログイン」をタップして、ログイン画面へ。

ログインをクリック

郵便で送られてきた「ログインID」と「パスワード」を入力してログインします。

IDとパスワードを入力してログインする

まだ入金していないので「建玉可能額」が0円です。

「たてぎょくかのうがく」と読み、新規注文にあてる事ができる資金額を指します。

「入出金」をタップして入金手続きに進みましょう。

入出金をクリックして入金手続きへ

DMM FXでは、クイック入金と振込入金の2通りの入金方法があります。

ここでは、クイック入金を例に説明しています。

クイック入金は、対応しているネット銀行の口座を持っていれば利用することが出来ます。
スマホの取引画面の操作だけで手続きが完了するうえに、24時間リアルタイムで入金が反映されるのでおすすめです。

入出金の画面で「金融機関名」と「入金金額」を入力して「確認」をクリックします。

ここでは、ポイント獲得条件の5万円を入金します。

f:id:not_ANA_but_JAL:20171102185405p:plain

「確認」をクリックすると金融機関のネットバンキングサイトに行きますので、そこで振込処理を完了します。

金融機関のページで振込処理をする

金融機関サイトでの振込手続きを完了すると、先ほどの建玉可能額に入金した5万円が反映されています。

これで、ポイント獲得条件の一つである「初回一括5万円入金」をクリアです。

取引(注文と決済)

入金が完了してFX取引をする準備が整いましたので、「トレード」をクリックして取引をしましょう。

「トレード」をクリックして取引画面へ

「トレード」をクリックすると、この↓様な注文画面になります。

FX口座では色々な通貨の組み合わせで取引をすることが出来ますが、ポイント獲得目的の取引なので、一番メジャーなドル円取引にしておきましょう。

画面左上に「USD/JPY」と表示されていることを確認してください。これがドル円取引です。

もし、「USD/JPY」となっていない場合は、画面の一番下にある「レート」を押して表示される画面で「USD/JPY」を選んでください。

買い注文を入れる

FXの基本で説明をした通り、買い注文からでも売り注文からでも良いですが、ここでは、買い注文を1lot入れます。

画面の大きな赤丸部分(Ask/買)をクリックすると画面下部が注文画面になります。

「即時(ストリーミング)」になっている事を確認し、売買が「買」、注文数量(lot)が「1」になっている事を確認して「注文」をクリックすると注文が確定(約定)します。

ちなみに「スリッページ」は、注文時の表示価格と実際の約定価格との差額のことです。為替は常に変動しているので、注文時の表示価格と実際の約定価格に差が出る場合があるので、その範囲を指定して注文を出すこともできます。

ポイント獲得目的の取引では気にする必要はありませんので、ここは触らずに注文しましょう。

注文が確定(約定)するとポジションを持った状態になり、そのポジションが画面に表示されます。

今回は、買い注文を入れたので「買いポジション」を持った状態です。

ポジションを直ぐに決済

ポジションを持った状態のままでいると為替変動によって損益が増減し、損失を負うリスクが高まってしまいます。

リスクを出来るだけ回避するには、

「ポジションを即座に決済する」が鉄則なので絶対に守ってください。

株取引の場合、株価が落ちてしまっても、そのうち株価が上がるまで気長に待つという事が出来ます。いわゆる「塩漬け」というやつです。株を発行してる株式会社が倒産でもしない限り、株価の回復を気長に待つことが出来ます。

でも、FX取引では「塩漬け」は出来ません。

なぜなら、「ロスカット」という仕組みがあるからです。

ロスカットは、FXを利用するユーザーが大きな損失を負わないための仕組みです。

レバレッジによって本来の資金額よりも大きな取引をしているので、損失が大きくなり過ぎた場合にはその損失の拡大を防ぐために、ある一定の損失を超えた時点で強制的にポジションを決済されてしまいます。

つまり、その瞬間に損失が確定してしまうのです。

ポジションを持った時にマイナスになっていたとしても、「プラスになるまで少し待ってみるか」などとは考えずに、即座に決済してください。

それが、ポイント獲得目的に徹するための鉄則です。

直ぐに「ポジション照会」の画面に表示されているポジションをタップして決済手続きをしましょう。

DMM FXでは、決済の方法が「クイック決済」と「決済注文」の2つあります。

「クイック決済」はタップした瞬間に決済が完了(約定)します。

「決済注文」は、決済内容の確認画面を挟んでから決済を確定します。

どちらの方法でも構いませんが、即座に決済したいのでクイック決済をタップして決済してしまいましょう。

f:id:not_ANA_but_JAL:20171102195232p:plain

ちなみに、「決済注文」をタップするとこの様な画面が表示され、「注文」をタップすれば決済されます。

f:id:not_ANA_but_JAL:20171102195250p:plain

これで決済が完了(約定)しました。

決済の結果を「約定履歴」で確認すると、今回の1lotの取引で10円の利益になりました。

買いポジションを注文してから決済するまでにかけた時間は30秒です。

この様に、即座に決済をすれば損益は数十円程度で収まります。

f:id:not_ANA_but_JAL:20171102195315p:plain

画面の下にある「口座照会」をタップして口座の状態を確認すると、最初に入金した5万円に取引で発生した10円の利益が加算されて50,010円になっています。

f:id:not_ANA_but_JAL:20171102195401p:plain

これで、ポイント獲得を目的としてFX取引は完了です。

後は、ポイントサイトのポイント付与が確定するのを待つだけです。

FX取引の例としてもう一つ、「SBI FX トレード」で取引した結果も載せておきます。

FX口座に入金

ポイント獲得条件が「1万円以上の入金」なので1万円を入金しました。

SBI FX トレードもネットバンキングで入金手続きが出来て即座に反映されます。

入金したら、ポイント獲得条件が「1通貨以上の取引」なので、「USD/JPY取引」で1ドルだけ取引をします。

FXで1ドルの取引

この時は、「Bid/売り」を注文して、「Ask/買い」を入れて決済して取引を完了しました。

結果は、0.0022円の損失でした。

FX取引の結果

1通貨=1ドル=約113円の取引なので、0.0022円というほとんど無いに等しい損失で済みました。

いかがでしょうか?

ポジションは即座に決済する

という鉄則を守ってポイント獲得目的に徹すれば、FX案件は決して手を出せないほど怖いものではありませんよね?

むしろ、数十円程度のリスク(コスト)で4,000~5,000ポイントを獲得できる効率の良い広告案件だと言えます。

FX案件のリスクとは?

FXはリスクがあるから危険、怖い、抵抗がある。

そのFXのリスクってなんでしょうか?

投資目的にFX取引をすれば、そこには大きなリスクが伴うのは事実です。

ですが、

陸マイラーがポイントサイトを経由してFXをやる目的は、

ポイントを獲得すること

ですから、その目的を見失わずに、やり方さえ間違わなければ、ほぼリスクが無く大量のポイント=マイルを獲得することが出来ます。

リスク回避の鉄則
  • ポイント獲得条件が「なるべく少ない取引量」になっている条件を選ぶ
  • ポジションは即座に決済し、指定された取引量を短時間に素早く、確実にこなす
  • FXで儲けようとしない

この鉄則を守れば、

ポイントサイトのFX案件は、

少ないコスト(リスク)で大量のポイント=マイルを獲得できる効率の良い案件

なのです。

ここまでお読みいただけたなら、恐らく、あなたのFX案件に対する不安や恐怖心は無くなっているんじゃないかと思います。

ぜひ、FX案件にチャレンジして大量のポイント=マイルを獲得してください。

くれぐれも、鉄則をお忘れなく!

注意

FX取引で発生するリスクは自己責任でお願いいたします。

4 Comments

fgsdrwr

いつもブログを拝見しております。
これまでFXの案件をなんとなく難しそうだと思い込み、手をつけていませんでしたが、このブログを拝見してから、意外と簡単そうだと思い、実行中です!
そこで質問なのですが、出金のタイミングは、ポイントが確定してからのほうが良いでしょうか?現金があまりなく、預けっぱなしだと、何件も案件をこなせなくて… 
不躾な質問で申し訳ありません。

返信する
not_ANA_but_JAL

fgsdrwr様
当ブログをご覧くださいまして、ありがとうございます。
ご質問の件ですが、案件のポイント獲得条件およびポイント対象外条件に出金タイミングを制限する記載が無ければポイント付与確定前に出金しても大丈夫だと思われますが、念のため、ポイント付与が確定するまでは出金しない方が良いと思います。
例えば、ハピタスのDMM FX案件の条件にはこの様な記載が含まれています。
・ポイント目当てと判断された場合
・ポイント付与する段階で全額出金処理(再度入金も対象外)をされている
この場合は、ポイント付与確定前に全額を出金してしまうとアウトですね。
また、即時で出金したことが「ポイント目当て」と判断されてしまうかも知れません。
私は念のため、ポイントが確定するまでは出金しないようにしています。
FX案件は、やり方さえ間違わなければ割の良い案件なのでチャレンジされるのは大正解だと思います!
お役に立てる返信になっていれば良いのですが、ご不明な点があればご遠慮なくお知らせください。

返信する
toto

分かりやすい解説ありがとうございました。
これからモッピーでポイント量産を目論んでいます。
その前に勉強させて頂き、目から鱗でした。
一つ質問がございます。
2018年10月15日現在で、モッピーのFX案件確認しましたら、
SBI のFXはございませんが、また復活するでしょうか?
また、DMM案件ですが、4,000ポイント獲得条件として、「初めて取引される方」となっています。これは2回目以降はポイント獲得出来ないのでしょうか?もし、そうなら、私自身、これからFX案件を月に数件何社かこなしてポイント獲得をしようと思っていただけに難しく感じます。

返信する
MOZU

totoさん、こんにちは!
コメントくださいましてありがとうございます。

>2018年10月15日現在で、モッピーのFX案件確認しましたら、SBI のFXはございませんが、また復活するでしょうか?
2017年10月をさかいに、それまで高ポイント還元だったFX口座案件が軒並みポイントダウンしてしまったのですが、その後も何度か1万円相当以上の案件を確認しています。
最近では9月にハピタスやげん玉でSBI FX トレードの高ポイント案件がありましたので、今後、モッピーでも可能性はあるかと思います。
しかしながら、9月の高ポイント案件では条件が「新規口座開設後、30日以内に新規注文で合計20万通貨以上の取引完了」となっており、過去の条件より厳しくなっていますのでご注意ください。

>また、DMM案件ですが、4,000ポイント獲得条件として、「初めて取引される方」となっています。これは2回目以降はポイント獲得出来ないのでしょうか?
FX口座開設案件のポイント獲得条件は、「新規で口座開設して、条件となる取引を完了する」となっているものがほとんどなので、1つのFX口座(FX会社)の案件でポイントがもらえるのは1人1回です。
例えばモッピーでDMMでポイントをもらったら、
・モッピーでもう一度DMMでポイントをもらうことはできません。
・他のポイントサイトでDMMでポイントをもらうこともできません。
・DMM以外のFX口座開設案件でポイントをもらうことはできます。
利用するポイントサイトを問わずに、1つのFX口座(FX会社)でポイントがもらえるのは1人1回なので、できるだけ高ポイントになっているタイミングを狙って利用するのが良いですね。

以上、ご質問への回答とさせていただきますが、何かご不明な点があれば遠慮なくお知らせください。

ポイント量産、頑張ってください!!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です